【オススメ】 冲方丁、熊倉隆敏/十二人の死にたい子どもたち


十二人の死にたい子どもたち(1) (アフタヌーンコミックス)

■【オススメ】「十二人の怒れる男」の換骨奪胎。 自殺するために集まった見知らぬ者たちの話。

廃病院に集まってきたのはネット上の自殺サークルの 呼びかけに応じ、テストを受けて合格した人々。 そこでみんなで一緒に死ぬ手はずだったのだが、 用意されたベッドの上で既に一人死んでいた。 しかも集まったのは十三人。人数が一人多かった。


安楽死を実行するかどうか、全員一致で決める、 反対する人が一人でもいれば話し合う、 というルールのもと展開される、ほぼ密室の会話劇。 「十二人の怒れる男」を下敷きに、 「11人いる!」の要素も継ぎ足した感じ。


題材が安楽死による自死というテーマで、これだけでも話を展開できるのだろうが、それでは下敷きにした作品そのままに転がすことになってしまうので、アクシデントとして一人多いという要素を追加している。それが推理ものとして話のドライブにはなっている。


なぜ死のうと思ったのか、この場をどう考えているのか、を 時にそれぞれの人物の内面に入り込んで描写する手法は、やや鬱陶しい。下敷きにした「十二人の怒れる男」やそのパロディでもある「12人の優しい日本人」はいずれも舞台劇であるために内面を描かれることはなかった。そこに踏み込んだのは、キャラクターを際立たせる点では機能したが、作品をややごちゃつかせた感もある。そして登場人物12人はやはり多い。描き分けははっきりとなされているものの、一部のキャラクターに添え物感を覚えるのは否めない。


とはいえユニークな題材に深く切り込んでおり、面白い。 死を扱う話で面白いという表現が良いのかわからないが、 下敷きにした作品にある根本思想を踏まえた物語になっていたな、 というのが最終巻まで読んだ感想である。


というわけで最終3巻まで刊行済→十二人の死にたい子どもたち(3) (アフタヌーンコミックス)  原作はこちら→十二人の死にたい子どもたち (文春文庫)


【データ】
原作= 冲方丁、漫画= 熊倉隆敏
十二人の死にたい子どもたち
【発行元/発売元】講談社 (2017/11/7) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ 十二人の死にたい子どもたち(1) (アフタヌーンコミックス)

ネット上のホームページに導かれて、廃病院に集まった十二人の少年少女。初対面の彼らの目的は全員で「安楽死」をすること。だが、決行するための地下室にはすでに一人の少年が横たわっていた。彼は、自殺か、他殺か、そもそも誰なのか。少年少女たちは不測の事態に際し、この集いの原則「全員一致」に従い話し合いを始める──! 異才・冲方丁の直木賞候補作を、実力派・熊倉隆敏が渾身のコミカライズ!


■当サイトの著者他作品レビュー
冲方丁、夢路キリコ/シュヴァリエ

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM