青木祐子、森こさち/これは経費で落ちません!〜経理部の森若さん〜


これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~ 1 (マーガレットコミックス)

■もっとテクニカルな内容かと思いきや、 社内ラブコメものだった。

きっちりかっちり仕事をこなし、「イーブン」「差し引きゼロ」 という言葉が好きな経理課の女性が主人公。「数字は合っています なんの問題もありません」が決め台詞。そんな彼女が一枚の領収書に 気をかける。


営業部のエースが定時を過ぎて持ち込んできた領収書。 取引先とのものだが但し書きが「たこ焼き代」。 その後も「テーマパークのチケット代」が提出され、 それは私的利用なのかどうなのか。 言葉数多くまくしたてる必死な雰囲気は気になるし、 彼とデートしていたと言い出す彼女も現れる。 さて真相は。


題名から、経理部の人が推理を働かせて 経費の使いみちをジャッジしていく話なのかと思ったが、 もっと会社に軸足おいて、ヒロインと営業部員との 進展しない恋愛ものだった。 とはいえこれはこれで良し。


きちんと計画してきたヒロインが、 その原則を破らなければ違う人生は歩めないのか?イレギュラーな ことが起こっても元に戻そうとしていたら大事なタイミングが 消えてしまうのか?と思うところや イレギュラーな対応に処理できなくなってしまうところは うぶすぎるが、少女漫画的ではあり、 この作品にコミカライズは向いていそう。原作はこちら→ これは経費で落ちません! ~経理部の森若さん~ 1 (集英社オレンジ文庫)


【データ】
原作=青木祐子、マンガ=森こさち
これは経費で落ちません!〜経理部の森若さん〜
【発行元/発売元】集英社 (2018/11/22) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ これは経費で落ちません!~経理部の森若さん~ 1 (マーガレットコミックス)
#1 たこやき代は経費で落ちますか? 営業部のエース・山田太陽が持ってきた、2枚の領収書。私的に利用した疑惑が上がり、真相を探ろうとする森若さんだが…? #2 160円と、公開土下座。 物販の金額に、プラス160円の誤差が発覚。試用期間中の受付・大谷咲に話を聞くと、何か隠しているようで…。 #3 入浴剤も人生も想定外! 内覧会で使用する入浴剤が、すり替わっていた! それを積み込んだのは、太陽の先輩・鎌本義和。太陽の大ピンチに、森若さんは!?


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM