絹田村子/数字であそぼ。


数字であそぼ。 (1) (フラワーコミックスアルファ)

■天才的な記憶力でもって一流大学の理学部に 受かった主人公。しかしそこに大きな落とし穴があった。

「親ゆずりの記憶力で子供の頃から得ばかりしてきた」という、 「坊つちやん」のアンチテーゼのような冒頭で始まる話。 神童、と呼ばれてきて本人も勉強など簡単、と思ってきたのだが、 そこで受けた微分積分学の授業に打ちのめされる。 講義で何を言われているのか、全くわからなかったのだった。


出された問題を解くのは得意、だが記憶力が抜群のために 根本を考えることもなくここまで来れてしまったある種の天才 であるがゆえに、本質的な学問に進む土台が作れて なかった不幸な学生のお話。


大学初日で心破れ、すぐに休学してしまうところが面白い。 そのまま二年たち、そこで大学から便りがきて復学、 同様に二留していた学生と仲良くなる。とはいえ 彼はスロットにはまって留年したくち。 数学が致命的にわからない主人公とはそもそもが違うのだった。


数学って何?というときに、数学的な概念の定義と、 その概念に対する命題や定理の証明の理解、 ということが繰り返されるのが数学であり、 その命題や定理を使って具体的な問題を解くのは 付随したものでしかないことが 主人公には理解できていない、というお話。 なかなかにヘビーである。


題材はユニーク。内容も堅実。ただ、これ、 主人公が数学を考えられる頭になるのだろうか? 何をきっかけにして変化させるのか、 かなり難しい作品なのではないだろうか。


【データ】
絹田村子 (きぬたむらこ)
数字であそぼ。
【発行元/発売元】小学館 (2018/12/10) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 数字であそぼ。 (1) (フラワーコミックスアルファ)
数学×爆笑キャンパスライフ!
「重要参考人探偵」「さんすくみ」の絹田村子最新作! 読めば数学が好きになる!? 数学の本当の楽しさを味わっていく青春コメディ!
京都の名門・吉田大学理学部に合格した秀才・横辺建己(よこべたてき)。 だが大学の高度な数学の授業を全く理解できず、人生で初めての挫折を味わう。 しかし、ふたたび数学に向き合い、卒業という頂(いただき)を目指すことに…!?
周囲は頭はいいけど奇人変人だらけ! マイペースな教授や友人たちに囲まれ、建己の前途多難な大学生活が始まった!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 絹田村子/重要参考人探偵
【オススメ】 絹田村子/花食う乙女
絹田村子/さんすくみ
絹田村子/読経しちゃうぞ!

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM