このマンガ一巻がすごい!2019年01月編

今月に読んだ漫画1巻で特に印象に残った作品をご紹介
月間オススメ

□今月のパワープッシュはこちら(今月レビューした本ベースなので新旧入り混じっております。旧作クラシックも含みます) 
1. 柞刈湯葉、中村ミリュウ/オートマン
2. ヨシカゲ/モナリザマニア
3. 昌原光一/こはぜ町ポトガラヒー 〜ヒト月三百文晦日払〜
4. 村上もとか、千葉きよかず/ソラモリ
5. 五郎丸えみ/あぐりとたね
6. 八ツ目青児/LOST
既刊作品では 冲方丁、熊倉隆敏/十二人の死にたい子どもたち
その他一巻完結本では 鈴木有布子/ツールボックス・コンプレックス とりのなん子/星の翅 がおすすめです。



ソラモリ 1 (ヤングジャンプコミックス)
■【オススメ】自衛官を目指す少年を描く。 主人公が悩まない、青春ものとして稀有な作品。 → 【オススメ】 村上もとか、千葉きよかず/ソラモリ


オートマン(1) (モーニング KC)
■【オススメ】自動車をサイバーパンク要素を加えて「自動者」として 歴史改変させたSFもの。ロボットやAIが人間社会をどう侵食していくか、というテーマを斜めから描いていく。 → 【オススメ】 柞刈湯葉、中村ミリュウ/オートマン


十二人の死にたい子どもたち(1) (アフタヌーンコミックス)
■【オススメ】「十二人の怒れる男」の換骨奪胎。 自殺するために集まった見知らぬ者たちの話。 → 【オススメ】 冲方丁、熊倉隆敏/十二人の死にたい子どもたち


モナリザマニア 1 (ジャンプコミックス)
■【オススメ】審美眼を持った青年が、贋作に手をかける。 「ギャラリーフェイク」の後継的作品。 → 【オススメ】 ヨシカゲ/モナリザマニア


こはぜ町ポトガラヒー ~ヒト月三百文晦日払~ (1) (ビッグコミックス)
■【オススメ】江戸長屋人情もの、 だが一捻り二捻り。 → 【オススメ】 昌原光一/こはぜ町ポトガラヒー 〜ヒト月三百文晦日払〜


あぐりとたね 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)
■【オススメ】いろいろと計画をたててそのとおりに実現させてきた ヒロインが、今まで知らなかった野菜の魅力に惹かれていく。 → 【オススメ】 五郎丸えみ/あぐりとたね


星の翅(1) (モーニングコミックス)
■【オススメ】 70年代のSFもの少女漫画テイスト。 → 【オススメ】 とりのなん子/星の翅


LOST 1 (芳文社コミックス)
■【オススメ】ハードボイルドものの変形、かな。 雪国で人探しをする刑事の話。 → 【オススメ】 八ツ目青児/LOST


ツールボックス・コンプレックス (ウィングス・コミックス)
■【オススメ】母親の親心と呪縛とから 自分の人生に足を踏み出す三姉妹の話。 そこに道具箱というアイテムを絡めたのが ユニーク。 → 【オススメ】 鈴木有布子/ツールボックス・コンプレックス



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM