【オススメ】 カルロ・ゼン、石田点/テロール教授の怪しい授業


テロール教授の怪しい授業(1) (モーニング KC)

■【オススメ】テロリストとは何か、 を考えさせる教育もの。異色作。

大学で上京してきた類の少年。大学の新歓の波を抜けたところで一息ついていると、ボランティアサークルだという人たちに声をかけられる。そこに割って入る男女。優しい人たちかと思い心を許しかける少年。そこに大学教授が一声。「カルトや危ない連中は茶番をよくやります」と。そうして、自らのゼミで新入生相談会をやっていると案内するのだった。


開放的なレクリエーションから次第に閉鎖的になっていくというカルト勧誘の定番を忠実に再現して、それに引っかかってしまった学生をテロリスト予備軍として扱い反テロリスト教育を行うゼミの話。自分がひっかかるはずがない、と思いこむ教養の高い人がテロリストになりがちであるというのは世界の常識。自己がない人が流され、外界から孤立して組織で煮詰まり、育まれてしまった自己に固執する。選んだつもりが選ばせられている、という悪い循環。


「善意だけの人間には困ります」「良いことをしたいと思うのは結構!!」「ですが年端もいかない若僧が勉強もせずに世界を救えるのはハリウッド映画の中だけです!!」


実際問題、何かしようと前向きである人が色々と引っかかりやすい。何か善いことがしたいと思う人ほどそうなのだろう。「何か」したい、でもその「何か」は「何か」でしかなく漠然としている、というのが厄介。手段を目的と混同するとそういうことになる、ということか。


こうした内容を、ゼミの中で討論を展開するだけの話とせず、きちんと背景に物語を走らせながら描くのが本作の魅力である。


【データ】
原作=カルロ・ゼン、漫画=石田点(いしだてん)
テロール教授の怪しい授業
【発行元/発売元】講談社 (2018/12/21) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ テロール教授の怪しい授業(1) (モーニング KC)
泣く子も黙るローレンツ・ゼミには、今年もそうとは知らない学生たちが集まっている。「あなたたちはテロリスト予備軍です。」予想だにしない一言に愕然とする生徒たち。脱落=テロリスト認定。恐ろしすぎる授業が始まる――。そもそもテロリズムとは何か? 日常に潜むテロの根っことは? 今までメディアで語られてきたテロ論は全部ウソ。テロ教授が教える、知るのは怖い、知らないのはもっと怖い「テロとカルト」の真実。



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM