榎屋克優/高梨さんはライブに夢中


高梨さんはライブに夢中(1) (モーニング KC)

■ライブ初心者が現場で同僚に出会い、 惹かれて、彼女会いたさに様々なライブに 飛び込んでいく。そうか、著者は 「 日々ロック 」の人か。

結婚披露パーティのビンゴ大会で 新郎新婦の好きなバンドのライブチケットを 引き当てた主人公。売るのも悪い、 と現場に行ってみると、そこで会社の同僚の 女性を発見する。


ライブ初心者の主人公は結果的に 同僚の彼女に色々アドバイスを受けつつ、 彼女は結局盛り上がって興奮して クラウドサーフしてしまい、ライブ後には 自身の行為に反省する。一方主人公は 職場で見る彼女との落差に一気に恋に落ちたのだった。


以降は彼女のストーカーのごとく色々と 調べついていく主人公。どんどんと音楽の 振り幅も広くなっていく様子。 主人公が巻き込まれるわけではなく 同僚目当てで自分から進んでいろんな 現場に行っているのは作品の展開としては やや微妙。相手に振り回される展開に かわりがないのなら、主人公は自身の 意思とは関係なくライブ会場に行かざるを得ない という設定のほうがよかった気がするが。


それだと受動的にすぎてあんまり、という 話なのかもしれないが、一方で音楽ライブの 楽しみ方としては本作で描かれている内容は微妙。 個人的には、よくわからないまま周りにあわせる主人公も、それが 盛り上がりの結果とはいえ酒に飲まれた酔っぱらい同様の 興奮状態でリフトだダイブだモッシュだなんだを 楽しむヒロインも、まぁはっきりいっちゃあ邪魔な 存在なので、ライブの楽しみってそういうものだ、 的に描かれるのは迷惑。まぁ、主人公たちは、 音は聴いているし一体化した結果の行為ってこと なので、騒ぎたいだけのピンチケ連中とは違うのは わかるんだけど、いや、でも表出されるものは 同じなわけで。


日常と違うものを求めてライブ会場に来る、 というのはそうなんだろうけれど、 ライブで聴く音楽、見るパフォーマンスに魅せられたくて 来るんだろう、ステージの上にすべてがあって、客席には 別になにがあるわけではないんだ、ってのは はっきりさせて欲しいと思う。でもステージ上の アーティストは客席にリアクションを要求 しがちだからなぁ。いつも思うんだが、ステージ上の人物は、 言ってみりゃ会社の社長と同じ、孤独な存在なので、 そのことを自覚してアクションして欲しい。 客に求めたいことを求めるのは甘え。煽らないライブを 追求して欲しいんだけど、まぁ、不安なんだろうなぁ。 だから客をいじらないアーティストが個人的には 好きです。


【データ】
榎屋克優 (えのきやかつまさ)
高梨さんはライブに夢中
【発行元/発売元】講談社 (2018/11/22) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→高梨さんはライブに夢中(1) (モーニング KC)
新人サラリーマンの坪坂亮平は、たまたま足を運んだライブで同僚の高梨さんとバッタリ遭遇する。会社では物静かな彼女の正体は、なんと筋金入りのライブマニアだったのだ! そんな彼女にひと目惚れした坪坂くんのアツくて危険(?)なライブ・ライフが始まる! 『日々ロック』の榎屋克優が贈る体感型音楽漫画、ここに開演!!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 榎屋克優/日々ロック

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM