このマンガ一巻がすごい!2018年12月編

今月に読んだ漫画1巻で特に印象に残った作品をご紹介
月間オススメ

□今月のパワープッシュはこちら(今月レビューした本ベースなので新旧入り混じっております。旧作クラシックも含みます) 
1. すもももも/亡国のマルグリット
2. カルロ・ゼン、石田点/テロール教授の怪しい授業
3. 琴川彩/今宵、オオカミホテルでランデヴー
4. 原克玄/プレイボーイ侍
5. まるかわ/よろずの候
6. 澤江ポンプ/パンダ探偵社

その他過去作品では 染谷みのる/サンタクロースの候補生 福田秀/ドロ刑 宇佐美真紀/スパイスとカスタード
がおすすめです。



テロール教授の怪しい授業(1) (モーニング KC)
■【オススメ】テロリストとは何か、 を考えさせる教育もの。異色作。 → 【オススメ】 カルロ・ゼン、石田点/テロール教授の怪しい授業


パンダ探偵社 1 (torch comics)
■【オススメ】難病ものの人情もの。 その難病が、動物に变化してしまう、という ものにしている点が諸作との違い。 → 【オススメ】 澤江ポンプ/パンダ探偵社


よろずの候(1) (ウィングス・コミックス)
■【オススメ】妖怪との交流話。地方を特定した舞台であることと、 オムニバス形式なところが特色の、ほんわかとした作品。 → 【オススメ】 まるかわ/よろずの候


今宵、オオカミホテルでランデヴー (プリンセス・コミックス・プチ・プリ)
■【オススメ】ミニマムな登場人物で様々な 仕掛けを用意した小洒落たシチュエーションコメディ風 ホテルもの。 → 【オススメ】 琴川彩/今宵、オオカミホテルでランデヴー


亡国のマルグリット (プリンセス・コミックス)
■【オススメ】 亡国の遺児もの。いくつかの要素を組み込み 一巻から充実で読ませる。 → 【オススメ】 すもももも/亡国のマルグリット


プレイボーイ侍 (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
■【オススメ】 もてすぎるプレイボーイの 次元の違う生き方が突き抜けていて素敵な 4コマもの。 → 【オススメ】 原克玄/プレイボーイ侍


スパイスとカスタード(1) (フラワーコミックス)
■【オススメ】幼馴染の女の子が男子についに告白。 10年越しの思いは叶ったのだけれど、 付き合っていることは口外禁止と言われてしまうのだった。 → 【オススメ】 宇佐美真紀/スパイスとカスタード


ドロ刑 1 (ヤングジャンプコミックス)
■【オススメ】窃盗犯相手の若手刑事と、 尻尾を掴ませない泥棒との異色のバディもの。 その設定の無茶さにさえ目をつぶれるのなら、 これは面白い。 → 【オススメ】 福田秀/ドロ刑


サンタクロースの候補生 1 (芳文社コミックス)
■【オススメ】人付き合いに苦手意識のあるヒロインが、 公認サンタクロースという存在に出会うお話。 → 【オススメ】 染谷みのる/サンタクロースの候補生



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM