左藤真通、市丸いろは/将棋指す獣


将棋指す獣 1 (BUNCH COMICS)

■アマチュアからプロの棋士を目指す話は、結局 現実味を持たせようとすると似てきてしまうのが難点か。

アマチュアから誕生した女性初のプロ棋士が 天竜戦なる棋戦で対局をする、という場面から話は始まる。 冒頭でネタばらしをして始める昔の映画風の構成。 個人的には余程のツイストがない限り嫌いなスタイルである。


話はアマチュアタイトルを獲ってプロに挑戦しようという アマ棋士を描くところで、そこに初めて参戦してきた 女性棋士が有力候補を蹴散らしていくという展開。


あれは誰だ、ということになるが、 その女性は当然ながら元奨励会会員。 だったら、誰だ、という程の話ではない。 が、三段に上がったところで退会してしまったという 過去があり、それは何故、というネタを絡めてくる。 しかしそのネタもなんだか微妙な話。まぁ、 これは修正が入ってくるのだろうとは思うが。


結局のところ、アマチュアからプロを目指そうという 棋士の話は、元奨励会員という設定からは逃れられない。 となると挫折をして回り道をした結果がどう プラスに働いているのか、という話にしたほうが良いのだが、 本作はそこを変化球にしているのだが、 あまり上手く効いていない。そもそも女性棋士がアマから プロ入りを狙う、という時点で大ネタなのに、 いろいろいじりすぎな感がある。 鍋倉夫/リボーンの棋士 が出たあとなので、ちょっとお腹いっぱいってのもあるかな。


【データ】
原作=左藤真通、漫画=市丸いろは
将棋指す獣
【発行元/発売元】新潮社 (2018/11/9) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 将棋指す獣 1 (BUNCH COMICS)
弾塚光、女性。元奨励会三段。プロ棋士を目指す。将棋の世界は厳しく、アマチュアからプロに上り詰めた人間はごく僅か。まして女性でプロになった者は皆無……であったが。――将棋ブームの到達点はここにあり! 女性初のプロ棋士誕生ストーリー、満を持して始動!! “ケダモノ”と呼ばれた女性の、清廉なる一手が盤上にいま花開く。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 十口了至、市丸いろは/ミリオンジョー




■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM