「君は放課後、宙を飛ぶ」

「君は放課後、宙を飛ぶ」



・ひかりTVで先行動画配信されたドラマ。私立恵比寿中学が出演、ということなので円盤を買ってみたわけだが、脚本は今をときめく「おっさんずラブ」の徳尾浩司氏によるオリジナルである。

・で期待したのだが、やはり12分*12話の構成ってのは無理があった。前回あらすじに次回へのつなぎもあるので正味10分。各話であんまり展開がない。雰囲気的には、「町でうわさの天狗の子」的な、岩本ナオ作品っぽい空気感なんだけど。

・高校の天文部員が立入禁止となっていた屋上でUFOを発見する、そして同じタイミングでやってきた転校生を宇宙人と疑うのだが、そんな彼は天文部に入部を希望してやってくる。という枠組で始まった話が、まさかその枠組を壊すことなく展開するとは思わなかった。

・題材としては、あれは本当にUFOなのか、宇宙人はいるのか、宇宙に帰れるのか障害はあるのか、そもそもなんで宇宙人は地球に来たのか、宇宙人は何者なのか。それぞれ答えは用意してありきちんと触れられているので変な作品ではないのだが。

・途中で一度UFOを一回飛ばすアイディアは凄いと思ったが、宇宙人の目的となる連れ戻すべき相手についてはもう少し時間かけて描くべきだったのでは?伏線は天体観測のシーン含め確かにあるけれども。もっとガチな天文部にしたほうが面白くなったのかもしれない。

・オチ自体は想像どおり。そもそも事前プロモーションでネタバレしてるしねぇ…それと、宇宙人の設定がそれなら、そういうことになるわな、というラストは読めた。で、そこから特に展開なく、そしてドラマの終わりにありがちな感じで終わってしまうのは、ちと残念。まぁ、尺なんだろうなぁ、問題は。

君は放課後、宙を飛ぶ [Blu-ray]

甲殻不動戦記 ロボサン [Blu-ray]のほうが面白いと思う…最終回の蛇足感半端ないですけど。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM