粟国翼、猫井ヤスユキ/過去のあなたを誘拐しました


過去のあなたを誘拐しました 1 (ジャンプコミックス)

■残虐ものと不条理もの。勧善懲悪系の内容をひっくり返そうとしたアイディアはわからないではないが、読み味は悪い。

ある人物のケータイに届く通知。過去のあなたを誘拐しました、という件名に、いたずらと思い放置したところ、身体に異変が。自身の犯した罪を懺悔しないとペナルティが遂行されるという。結果、彼は指を、足を、歯を失い、そして死に至るのだった。


そんなプロローグの後、描かれるのはそのまさに最初のエピソードで裁かれた人物が起こした事件の裁判の報道をテレビで目にする少年。事情があり実家を出ている彼は、年上の女性と同居している。彼女は薬を常用しないと問題があるらしい。そんな二人が拉致される。そして監禁されるのだが、彼らも冒頭の人物同様将来犯罪者となるために、過去の自分が誘拐された、ということらしいのだった。


冒頭のエピソードはグロテスクだがまぁ良い。犯罪を嫌う勧善懲悪的な思想の人物が、実は冒頭の人物同様、将来犯罪行為に及ぶらしい、という皮肉な展開は、なかなかユニーク。ただし、なんで犯罪者を過去に遡って誘拐などできるのか、そんなことをできる存在とはなんなのか、そもそも過去に遡れるなら事件自体を止めることはできないのか、という疑問が湧く。登場人物にそれを語らせているように、そこが物語の肝なのだろう。ただ、一巻ではそこまで立ち入ることなく終わってしまう。


登場人物は増え、残虐なシーンと不条理さだけを提示して終わる一巻は、悪趣味の一言に尽きる。善と悪、ということであればジャンプレーベルであれば「DEATH NOTE デスノート」という傑作があるわけで、本作のアプローチはアイディアはあるものの練りきれていないという印象を受ける。


【データ】
原作= 粟国翼、漫画=猫井ヤスユキ
過去のあなたを誘拐しました
【発行元/発売元】集英社 (2018/11/2) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★
■購入:
amazon→ 過去のあなたを誘拐しました 1 (ジャンプコミックス)
中学生の月島友孝は、複雑な過去を抱える同居人のミカと静かな日々を送っていた。だが突如、謎の集団に拉致されてしまう。見知らぬ“施設”で目覚めた友孝たちを待っていたのは、凄惨な“断罪”だった――。「未来のあなた」が犯す罪、その罰が「過去のあなた」に降りかかる――!! 戦慄のSFクライムサスペンス、始動!!


■当サイトの著者他作品レビュー
猫井ヤスユキ/蒼黒の餓狼 北斗の拳 レイ外伝

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM