THE ドラえもん展 TOKYO 2017 @森アーツセンターギャラリー



THE ドラえもん展 TOKYO 2017 @森アーツセンターギャラリー  ¥2,400

フィギュア付きのチケットが前売りで販売されていたので購入。当日券がいくらかは知らない。アーティストが「ドラえもん」をテーマに色々創作する、という内容で、まぁ、アートのつまらなさを実感しにいくイベントです、たぶん。「ふーん」という感想の代物が大半。「なるほど」がちょっとある。

今回凄かったのは、 クワクボリョウタ 氏の作品で、インスタレーションなのだが、模型と光源による投影を使った、 動く影絵のようなもの。都市を映し出していくスタイルで、見終わった人から「おおーっ」と声が上がっていた。でも、ドラえもんあんまり関係ない。

ドラえもん、というテーマに沿った中では、 やはり、しりあがり寿氏のアニメ作品だろうか。 シュールなギャグ。尺の関係で窮屈な仕上がりになっていたのが、 アート展の限界か。正直、WEBで見せりゃいいんだよな、 映像作品なんて。と身も蓋もないことを思いもした。

あ、蜷川実花氏の作品は素晴らしいアイディアなんだけれど、 ドラえもんとデートって、それ使い回しだよね。それと、 写真集で見るにはいいが、ポートレートで見るテーマではないと思った。

売店で マグカップ買おうとして 中身確認をしたら、 飲み口がガタガタしていたり、 釉薬の垂れがあってボコボコしていたり したので購入をやめた。 まあミュージアムショップの売り物なんて 所詮こんなものかなぁ、とは思うが。 高くてあんまり質も良くない。まぁ期間限定イベントの スーベニアショップだからね。買わなきゃいいってことかね。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM