舞台「また来てマチ子の、愛をもう止めないで」 @赤坂RED/THEATER

舞台「また来てマチ子の、愛をもう止めないで」 @赤坂RED/THEATER ¥6,500



・どこからどんな感じで芝居始まるのかな、ときょろきょろしてた私は擦れているのかもしれない…前の席だどきょとんとする始まり方かもしれないが、そんな席の方にはステージ見やすい以上のさらなる幸運が待ってます。はい。後方席で見ていた者としては羨ましい限りです。いや、それでもフルキャパ173席の小劇場、最後方でも秋田分校前方ブロックからステージ見ているのより近いのではなかろうか。

・話はテレビ版最終話から数カ月後を描くもの。ちょっとした騒動が何故か膨らんでいってしまう、という転がし方はテレビドラマ同様。まさかの勘違いを重ねまくり、テレビの設定を一部では存分に活用しつつも、一部では全くもって使わずに別の新しい設定を持ち込んで転がしていくことで舞台版らしいクライマックスに向かっていく。

・テレビ版見ている人にはとても楽しめる舞台版。ただ、シベリア少女鉄道らしさは殆どないかな。とはいえ、ある方向に向いて発せられた言葉が別の意味でもって取り違えられる、というのがそもそものシベ少らしさ、とするならば、らしい内容ではある。とはいえ、シベ少的にはタイムリープを重層的に積んでいき違う意味を持たせていくテレビ版のほうがより「らしい」気はする。

・役者さんみんないいけれど、仲義代さんがまさかの飛び道具的な使われ方で、芸達者さを見せつけていた。素晴らしい。 

・しかし公演が、水曜初日で開けた後に、木・金・土が休みで日曜から再開しつつ木曜は昼のみ、そして金・土・日は2回公演で終了、という不思議な日程。いや、事情は丸わかりで、木金土は主演女優が秋田でお仕事。でも土曜の秋田分校は公演時間早めで、小林歌穂嬢は最終の新幹線で当日に東京へ戻ったのか?木曜夜がないのは、近所のブリッツである中山莉子生誕祭を見に行くから、なのだろう。とはいえ12公演やるとはいえ2週間会場抑えてこの使い方は豪華な気もする。

また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ Blu-ray・BOX テレビドラマのブルーレイBOX。定価2万円税別。これを舞台版会場では7掛けかつ税込みの1万4千円で先行販売とお買い得!アマゾン見たら確かにそこまでは下がってこなそうだ。現金オンリーなんだけど、入場したお客さんが続々物販に並び、かつみなこのブルーレイを買っていくという、ええとこれ幾ら売上げあるんだろう?これは上手い売り方なのかもしれない。でも12月発売なのに現物あるんだ。 → また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ _ デジタル3ch テレビ神奈川
「また来てマチ子〜」開幕にエビ中・小林歌穂「マチ子ちゃんワールド全開」 - ステージナタリー



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM