灰谷音屋/ジュニオール


ジュニオール 1 (少年チャンピオン・コミックス)

■理想のサッカークラブを作る、理想の監督になるのが目標の少年が、 高校の弱小サッカー部でその実験を始める。

ユース時代に監督に便利使いされながら、何の特徴もない器用貧乏だとして上に進めなかった少年。彼の夢は、そうしたダメな大人から解放されたチームを作り監督となること。そんな彼は、進学校の弱小部 でサッカーを続けていた。


自由な発想をするポルトガルとのハーフの子、それと 体力抜群で学校が唯一後押ししている強豪野球部にも スカウトされながらそれを袖にした子と出会ったことで、 彼の構想が現実を帯びていく話。弱小部活の成長譚でもあるのかもしれない。


ダメな人物嫌味な人物が出てくる点はありきたりで この辺がもやもやするのだが、 そうした者たちがいて邪魔をするのが現実ではあるし、そうした現実との対抗軸で話を作るのはチャンピオンらしさでもあるだろう。


それにしても、タイトルはハーフの子の名前で、タイトルロール そっちなんかい。まぁ冒頭も彼から始まってはいるけれども。 まぁ複数主人公の話ということで、展開上別に問題はなかった。


【データ】
灰谷音屋 (はいたにおとや)
ジュニオール
【発行元/発売元】 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ジュニオール 1 (少年チャンピオン・コミックス)
サッカーエリートの道を阻まれた志摩晃は、「プロサッカークラブの監督になる」という夢を胸に秘め岐阜県立可児第三高校の弱小サッカー部、通称「可児三」で淡々とサッカーを続けている。ある日の通学路、サッカー選手としての情熱を失っていた志摩の前に一風変わった雰囲気を纏った同級生が現れる。彼の名は五十嵐ジュニオール。天真爛漫なジュニオールの性格に触れ志摩の心に変化が…!?



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM