エビ中 秋空と松虫と音楽のつどい 題して「ちゅうおん」2018@秩父ミューズパーク

エビ中 秋空と松虫と音楽のつどい 題して「ちゅうおん」2018 @秩父ミューズパーク



・歌唱力には定評のある私立恵比寿中学、というキャッチは椎名林檎「自由へ道連れ」カバーにより納得する人も多くなったところだろう、そんなエビ中がフルバンドを従えて、着席・ペンラ/コールなしという絞りで実施する野外公演。昨年に続き2年目。

・今年も秩父。天気は心配なくなったが、行きは良いよい、帰りは…でして、シャトルバスを頼らないと帰りはバスがないという。そしてシャトルバス次第では電車の本数が限られ、レッドアローは満席御礼。こりゃ東京か横浜のツアーバスが正解だったのかもしれんなあ。

・滅多にない生バンドでのエビ中ライブを堪能する機会。席は残念な芝生席偶数列3桁番号だったが、まあそれなりには見えた。有り難い。ライブは福耳カバーではじまり、選曲と歌いっぷりに若干の不安を抱きつつも、この曲を既にやったことある真山さんが立ち上がりから絶好調で、柏木さんとともに引っ張る展開。その後のエビ中ナンバーは、「紅の詩」でひとまずピークに。「スーパーヒーロー」も素晴らしい仕上がりで、ソロコーナーへ。

・ここもトッフパッターはメンバー唯一背の縮んでいる真山ねえさんから。aikoをきっちり。これを聴いて、それならりかちゃんでcoccoやってほしいかも。安本さんはマッキー。曲というか詞はあっている。

・星名さんが、あいみょん。みれいちゃんに振りましたか。声太めで歌い上げるスタイルのみれいしゃんもアリはアリですが、せっかくなら可愛い声で軽く放り投げるような歌もみたい。シャンソンというか、フランスギャルとかヴァネッサ・パラディなんかが念頭にあるんだけど、でも日本語曲だとどういうのがいいんかな…と思いつつ、次のりったん聴きながら、フィッシュマンズなんかありじゃないか?と。

・中山さんは、キリンジ。ほお。ただ、ロックやパンクに寄せた方が合いそうな感じなので、カーネーションの「夜の煙突」なんかどうですかね。森高千里バージョン聞いちゃうと歌い方混乱しそうだけど。歌い方は直枝さんに寄せてほしい。

・そして小林さんが、chara。チャラですか!いいですね。チャラに寄せること意識してるようなのは邪魔な気はしつつも、サビ部分はしっかりぽーちゃんの歌になってて、おお、これは、絶品。柏木さんは、米津玄師。ひなた優勝。いいもん見せてもらった。米津さんの曲は特に女の子だとブレス大変なはず。それを、安心して見ていられる、どころか魅了する歌で観客を持っていった。今日の柏木さんは完璧。

・この後は、「日記」から「全力☆ランナー」「YELL」「靴紐とファンファーレ」「感情電車」「朝顔」と、圧巻。見に、聴きに行ってよかった、の一言に尽きる。

・そして、フジファブリックのカバーに続いて「響」から「I’m your MANAGER」ときて、「まっすぐ」「約束」と新旧とりまぜの流れ。

・最後には客を立たせ、そこでまさかの「でかどんでん」でバンド紹介。そしてラストは「EBINOMICS」という想定外の方向に跳ねたうえで、オーラスはアカペラで「蛍の光」にて終了。アンコールなしも二時間半以上とたっぷり。

・個人的には、柏木さんは最高でしたが今回良かったのは真山さん、ひとりアクションがダイナミックで、ソロパートのきっちり感に加えてフェイクもかまして、充実感あり。曲は「靴紐」と「響」が演奏も歌もオーケストレーション感抜群。こういうのを見ると、生バンドでのライブをもっと見てみたい。モノノフの家人は、ももクロでもこういう着席コールなしライブを定期的にやってほしいと言っておりました。なおこのライブはファンクラブ限定生産で音盤化されるということで、カバー曲も全部入るのかな。これは買いたい、というか買います。 → エビ中、本日開催の野外コンサート「ちゅうおん」がファンクラブ限定CDに - 音楽ナタリー



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
チケットぴあ

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM