【オススメ】 オノ・ナツメ/ハヴ・ア・グレイト・サンデー


ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)

■【オススメ】 毎週日曜に 父の家に集まる息子と娘婿の話。 相変わらず、うまくて、ずるい。

男3人の話。ニューヨークに暮らしていたが、 デビュー後20年にして親が亡くなったのを機に 家を管理するため日本に戻ってきた作家。 その作家の息子も娘も東京で暮らしており、 日曜日が暇になる息子は娘婿を誘って 父の家へと遊びに来るのだった。毎週。


毎週かよ、と娘婿は思っているが、 親ばかでもある作家は特に毎度の来訪を 嫌がるでもなく迎え入れる。 ちなみに息子娘はハーフだが、 娘婿も日本人とイタリア人のハーフであり、 ニューヨーク育ちである。 なので異文化交流的な色彩は残る。


旅行客ではないが異邦人、という立ち位置 の人物を描くエッセイでもあり、 家族ものでもあり。 なんでもない作品だが、 成人した親子の 話を描く作品など世の中にはそうはない。 目の付け所は本当にずるいほどに上手い。


そして、それだけの話かと思えば、 最後に自作の新人賞を得たデビュー作の モデルであるという刑事とニューヨークで 再会、続いて前日譚が始まり、 彼との出会いの話が綴られる。 これが良い。この話がなければ、 雰囲気良いけどなんだかな、と思う一巻が、 最後のエピソードでぎゅっと締まったものになった。 この構成が、ずるくて上手い。 いや、毎度、著者は、上手くでずるい作品を描く。


2巻が発売されたのであわせておすすめ。 → ハヴ・ア・グレイト・サンデー(2) (モーニング KC)


【データ】
オノ・ナツメ
ハヴ・ア・グレイト・サンデー
【発行元/発売元】講談社 (2017/12/21) 【発行日】2017(平成29)年12月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1) (モーニング KC)
小説家・楽々居輪治(ささいりんじ)。長くニューヨークで暮らしていたが、ある事情で単身、東京に戻ってきた。きままな独り暮らしのはずが、日本に暮らす息子のマックスと娘婿のヤスは、輪治を慕って毎週末は入り浸り。男三人は、いつも「最高の休日」を夢見る。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 オノ・ナツメ /子連れ同心
【オススメ】 オノ・ナツメ/ACCA13区監察課
【オススメ】 オノ・ナツメ/ふたがしら
【オススメ】 オノ・ナツメ/つらつらわらじ
【オススメ】 オノ・ナツメ/COPPERS
【オススメ】 オノ・ナツメ/GENTE[ジェンテ]〜リストランテの人々〜
【オススメ】 オノ・ナツメ/さらい屋五葉
オノ・ナツメ/not simple
■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM