西武 旅するレストラン 52席の至福

・普通にレストランで食事する並の値段をとるが、料理がそうしたレストランで食すレベルのもので美味しかった。正直驚いた。

・最近は本当にあちらこちらで走っているクルーズトレインやレストラントレイン。利益的にはほぼ鉄道会社に貢献しないだろうが、特急や新幹線がサービスを削ぎ落とした結果消えていったものが、再び注目されてきたのは面白い。この手の高級列車は何が良いかというと、宣伝効果があること。マス方面のパブリシティに乗りやすいし、開始後は利用者の口コミがプロモーションとなっていく。なので、宣伝に費用をかけているのはあんまりよろしくない。沿線と密着して、地産地消路線で行くことも大事。地域貢献をテーマにしたほうが長続きしやすい。

・今回は、家人は伊豆クレイルを所望していたものの、代理店経由でなく個人でどうやってチケットとるのかわかりづらく断念。予約サイトが明快な西武鉄道の旅するレストラン 52席の至福にした次第。WEBサイトがわかりやすくて素晴らしい。ストレスなく予約が出来た。予約成立の瞬間にクレジットカードの請求がたったのも、それはそれでわかりやすい。

・日程の一週間前には案内が郵送されてくる。行程表と乗車券で、この行程表は乗車時に必要。一方の乗車券は、なんと西武鉄道の一日乗車券だった。沿線の人は始発駅までこれを使っていけばよい。これは便利。優秀である。おかげで、行き帰りのルートを考え直した。

・今回は11時前に西武新宿を出発し、14時頃に西武秩父に着くというブランチプラン。一人1万円。乗車時は待ちスペースなし、発車時刻前に来場を、というスタイル。西武線のホームはややこしいことがないので迷うことはない。

・乗車後の案内はスタッフの人数もあり各テーブルへは順番に回ってくるので席によってはゆっくり。それなら乗車時にペットの水でも渡すかファーストドリンクは席に置いておいても良いのに、とは思った。

・ソフトドリンクは飲み放題。アルコールは現地精算。支払いは現金ないしは交通系電子マネーのみ。クレジットカードもなんとかしてほしいところ。

・そして肝心の料理だが、走る列車でこれだけのものが出てくるとは思っていなかったほど美味しかった。走る列車で車窓からの景色も楽しみながら味わう料理はより美味しい。これは、面白い。そりゃ流行るはずだわ。

・贅沢レジャーが流行るのは社会にとって、世界にとって良いこと。贅沢は敵だとなどといってたら経済とともに社会が死ぬ。贅沢を目の敵にしている人は人類の敵なので絶対に信用しないように。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM