行き方が案外ハードモードでは? 上高地帝国ホテル

行き方が案外ハードモードでは? 上高地帝国ホテル

・避暑地のホテルとして有名な上高地帝国ホテル。現地は確かに涼しく、部屋にはクーラーも用意されていないが全くもって快適、山の上ホテルのような佇まいのなか設備は現代風にリニューアル、両者がうまく噛みあって良い感じ。

・しかし、いろいろな意味で、面倒というか大変だった。まず予約。宿泊目的にインペリアルクラブに入会。クレジットカードを作れば年千円ちょっとで優待ありと有り難い限りなのだが、冬場は閉まるこのホテル、新年度の予約は一斉に開始となる。この予約が取りづらい・・・。夏本番ではない日だったがバルコニー付きの部屋はすでに塞がっていた。一番安いツインAの部屋だが会員優待でもお値段はそれなり。7万円である。夕食、朝食つきではあるが。

・そんな取りづらいホテルだが個人手配すると行くのも結構大変だった。アクセスについて、公式サイトはまぁ基本的な説明はしてくれている。 だが、実際に行ってみると、これ、もっと丁寧な解説必要じゃない?と思ったのだった。まぁ、団体旅行が主体で個人手配は少ないからか?

・松本駅で松本電鉄のきっぷを買うのだが、新島々までではなく上高地まで買うと割安になる。が、ここで片道と往復とがあり、その日に帰ってはこないから、と片道券を買ってしまった。これは失敗。片道券は当日のみ有効だが、往復券は7日間有効なのだという。なんだそのトラップ。まぁ安い上に日数多いのだから客には有り難い企画なのだが。→アルピコ交通 電車・バス乗継ぎきっぷ

・この往復券は便利。帝国ホテル宿泊だと往路は途中で降りることになるのだが、復路券を持っていると終点の上高地バスターミナルまで乗ることが可能。混雑時には復路は上高地バスターミナルから乗車せよ、と警告されており、10分15分も遊歩道を行けば着く距離ではあるのだが、荷物もっての移動はナンセンス、と思えばこれはありがたい。ただ、時間指定整理券をおさえて15分前には集合、という指定もついているので、実際にはあいている時間にターミナルまで歩いて往復するのがベターなのかな、とも思う。なお、繁忙期でなかったので、結果的には帝国ホテルのバス停からでも普通に乗車できた。

・サービスだが、さすが国内資本。個々は丁寧で、加えて人員配置が手厚い。この辺が外資からしたら無駄なのだろうが、軽井沢のヒルトンを経てから行ったので、この差は非常に感じた。さすが帝国。

支払いにANA旅行券が使える、というのも、マイルためたり旅行積立しながら飛行機に乗らなくなった身としては有り難い。まぁそんな特殊な人そうそういないだろうが。

・面白かったのは、部屋に入るとあった箱。ウェルカム・スイーツなんだろうな、と思いつつ開けたら衝撃。中にあったのは、絵皿。そりゃ箱が重いわけだわ。平成も最後の年に、昭和と遭遇した感覚。スーベニアショップでは3000円だかで売っていた。

・ところで。都内から一気に目指すのは無謀。新宿から特急あずさで松本まで2時間30分。そこから新島々まで30分にそこからバスで1時間。足して4時間だが、乗り換えロスタイムがあるので加算するとおよそ4時間半。松本で前泊が賢い気がする。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM