増田英二/週刊少年ハチ


週刊少年ハチ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

■ 漫画家目指す少年ものを、特殊なマンガ専門学校 に放り込むというスポ根変形もの。

高校時代、野球部で頑張ったが努力は 成長にはつながらず。そんな彼が、 高校時代はこそこそ描くだけだった マンガに全力をかけようと、 虎の穴的なシステムを持つマンガ専門学校に 入学する。


マンガ家を目指す少年ものは「 バクマン。 」である種あがりだったように思う。 一方で才能は抱えつつまだこれからの 人間が努力を努力と思わないパワーで 一気に成長していく話はスポ根では多いが 昨今はそれを美大を目指す予備校話で 展開している「 ブルーピリオド 」が傑作である。 そんな中でこの作品はちと分が悪いが、 マッシュアップ的な魅力はある。


高校時代の友人とともに通い、 クラスでは既にデビューしている人物と 真っ向にぶつかりあい友人となる。 彼の能力はまだまだ全然生かされていないが、 しかし、マンガの主人公らしい底辺から這い上がる ガッツを持っている。


この話がちょっとユニークなのは、 彼のネームを評価してくれる人物がおり、 彼女は件のデビューしている人物のネームは 評価していないという点。このトリッキーな人物が 同級生でいるということは彼女も漫画家を目指している という話になるわけだが・・・。


クラス分けやスポ根展開は、ちょっと無理があるように 見えてしまうが、考えてみれば普通の予備校でも ある話で、「ブルーピリオド」でも近い内容はあった。 それが浮世離れして見えるのは、それを目指しているので 良いのだろうし、チャンピオンという雑誌には 向いているとは思う。 面白いことは面白いが、同時発売の2巻を買うかどうか正直悩むところ。 →週刊少年ハチ 2 (少年チャンピオン・コミックス)


【データ】
増田英二 (ますだえいじ)
週刊少年ハチ
【発行元/発売元】秋田書店 (2018/7/6) ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 週刊少年ハチ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
ずっと“主人公”になりたかった凡人のハチは、新たな夢を胸に「鬼ヶ浜まんが学園」へ…!? 挫折と奮起…青春炎上のマンガ専門学校ラプソディ!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 増田英二/実は私は
増田英二/さくらDISCORD

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM