Amazon Music Unlimited に登録しました。4ヶ月間99円です。



期間限定キャンペーンをやっているので Amazon Music Unlimited に登録しました。

適用条件は1)プライム会員であること 2)新規登録であること 3)018年7月17日23時59分(日本時間)までに登録すること

音楽聴き放題ストリーミングサービスは興味がありつつ、どこにしようか考えていたところで、結局アップルかアマゾンのサービスに寄せたほうが便利、ただ主に日本の曲が聴きたいので充実度はどうなのか、と思っていたところ、 私立恵比寿中学 が配信開始、という話もあり、その対象がアマゾンもそうだということで、じゃあと心が動いたところに、このキャンペーンですよ。

4ヶ月間99円。その後はプライム会員は月780円。でも正規課金でも使うとなったら、年間7,800円のプランに移行しても良いかも。

基本的に音楽は、好きなアーティストのCDはリリースされたら買う。一時期はダウンロード配信で買っていたが配信オンリーのもの以外は結局フィジカル派に戻ってしまった。まぁ円盤買うと特典があることが多いので、というのはある。CDもリッピングが面倒で、iTunesでのマッチングがうまくいかない例もあり放棄した。

最近はもっぱら、YouTubeをFireTV経由でTVモニターで流し(まぁAmazonとGoogleとの関係のためブラウザを経由するという仕様になるわけだが)ビデオクリップを見る、というのが音楽との接し方。スペシャとかM-ONとかのランキングや先出し番組は録画しているけれども早送りして殆ど見ない。

とはいえこれだとクリップ作ってくれない曲は抜け落ちるので、音楽聴き放題サービスは有り難い。

アーティストサイドにとっては売上減というのはあるかもしれないが、ダウンロード主体でないアーティストは関係ないかも。ファンはCDは買う。CDを買った上で、ストリーミングで聴く。ファン以外はストリーミングで曲を知る機会も増えるだろう。プレイリストにどこまで乗れるか、有力プレイリストの勃興、というのは、アメリカではTOP40ラジオからの転換になるだろうが日本では寧ろ音楽再復興のきっかけになるのではなかろうか。ラジオや有線から生まれたヒット曲は今後はプレイリストから生まれることになる。

ところでこの手のサービスは、回転数に応じて金が払われる、という話だとよほど聴かれないとお金にならないのかもしれない。ただ、Amazonの場合、総会員数を明らかにしないスタイルだから買い切りなんじゃないの?と思うのだけれど。いや、詳しい事情を知らないので思いつきだけだが。回転数を実績として出す場合、多分、総会員数のデータも提供するはずで、映像配信のhuluなんかはそのスタイルだからコンテンツを出している側は総会員数を把握できているとかなんとか。Amazonはそんなことさせないだろうとすると、契約形式違うんじゃないかなぁと思うが。

なんか、sora tob sakanaもMaison book girlもフィロソフィーのダンスもあるな。Suchmosのニューアルバムもあるやん。かなり使えるレベルになっているのだな。「自由へ道連れ」聴き比べもできる。
(ただしこれは、林檎ちゃんの小松菜奈PVとエビ中のライブバージョンとともに動画で見たほうがより楽しめるのだが。ちなみに林檎ちゃんの場合は♪道連れしちゃうぞ、はありませぬ。エビ中カバーを評価してない人は動画も探して見るのをオススメ。)




search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM