旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン

旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン

・軽井沢は社会人になってからは初来訪。リゾートバイトの経験からなんか無意識に遠ざけていたらしく。大宮から新幹線で1時間足らずで軽井沢駅、というのは知らなかった。その新幹線の便は1時間に1、2本という点はあれど、早割だかで3,380円だから金額もさほどではなく。これは、いいわ。便利だし。熱海か軽井沢かって選択肢の話にぴんと来ていなかったけど、今回理解しました。

・今回行く気になったのは、その先の旅程を一気に詰めるよりは少しずつ攻めていったほうがいいんじゃね、ということと、ここが出来たから。旧軽井沢ホテルがリブランドしてできたヒルトンの日本初キュリオ・コレクション。ヒルトンオナーズ会員なので、じゃあ軽井沢はここで、ということに。

・金額はHPCJ使って3万でこぼこの設定。おおまかにいって普段のヒルトンより1万高いがコンラッドよりは1万安い、という感覚値。行ってみると、まぁ、面白い物件ではあった。総じて、悪くない。

・駅から一本道、歩いて10分15分というところだが送迎あり。荷物ある身にはありがたい。ロビーラウンジでウェルカムのシャンパン(ポメリー)あり。ただチェックイン時間前に来訪しても部屋はない。50室というホテルなので。

・エグゼクティブフロアやラウンジはなし。ダイヤモンド会員としてのメリット半減という感じだが、一方でヒルトン会員ならバーラウンジでバータイムはスパークリングおよびワインとビールのフリードリンクあり。国内産、シャトー・メルシャンが飲めます。17:30〜22:00と時間も長め。部屋のアップグレードもされていた。なお部屋のミニバーと冷蔵庫で冷えているクラフトビールもフリー。部屋は広め。アメニティもメゾンマルジェラ・レプリカのティーエスケープというもので香りが良かったと普段のヒルトンに厳しい家人からもお褒めの言葉が。

・夕食をレストランSonorité(ソノリテ)で予約したらまさかの貸し切り状態。14,000円でコースは1つのみという設定は強気すぎるのか。まぁヒルトンサイドはもっと値段を高くしたかったようだが。それは外国人客がついてからにしたほうがよろしいかと。これが良かった。見た目は新奇に見えるが、味は奇をてらっておらず、 量も適度。美味しい。のだが。メニューが内容を読み取れないポエム系だったのは困惑するだけ。なのでワインを選べず、ペアリングしてくれるセットにしたら、これが7000円だかで5杯出てくるという非常にリーズナブルなものだった。二人で頼んでコース料金並、という設定は正しい。肉の焼き方は感動した。ただ塩がきつかったので、あれは後からふらんでも、惜しい、と思いつつ。まぁ軽井沢は外に出ればいくらでも食べるところはあるってことか。

・朝食は、いまいち。ブッフェだが種類が少ない。スタッフも人が少ない上に動けない人多めなのはまぁヒルトンのデフォルトか。このあと、民族系、って言葉は石油でしか聞かないか、ドメスティックのホテルに泊まり、外資との差を実感した。

・ちなみに。パジャマは下、ズボンというかパンツ部分も用意されていた。これは軽井沢だから寒いからかなぁ。

参考になった記事:
行ってきました☆KYUKARUIZAWA KIKYO「日本初進出のヒルトンブランドCurio」 _ たまにはほどほどのラグジュアリーを
【ヒルトン】旧軽井沢KIKYO(KYUKARUIZAWA KIKYO)宿泊記〜前編:部屋の様子など|Beginner Mileage



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM