「スローモーションをもう一度」の終わり方は嫌いではないけれど。


スローモーションをもう一度 7 (7) (ビッグコミックス)」を読んでみて、え?これで終わりなの?最終巻と知らずに読んだので驚いた。終わり方自体はまぁ作品に合っているし悪くない。が、この終わらせ方だと7巻という巻数は引っ張り過ぎだろう。特に、親子不和の中心にある父親の失踪についての処理は、きちんとすべきだったのではないか。真相らしきものは確かに提示されるのだけれど、それだけで済ますべきネタではないだろう。話を引きずった大ネタは、大ネタなりの回収の仕方というものがプロトコルとしてあるだろう。 → 【オススメ】 加納梨衣/スローモーションをもう一度

恋は雨上がりのように(10) (ビッグコミックス)」でも、あの結末はとても正しいあり方だったのだが、10巻まで引っ張ってこれかよ感はあり、最終巻などの回想の入れ方は、単行本の尺しか考えてないんじゃないか?編集部・・・という疑念を抱くものだったが、本作も同じ匂いを感じつつ。そしてどちらも『スピリッツ』か。編集部が作品の仕上がりをあまり考えていないのなら、プロの編集者なんて要らないんだけどな、もうこの時代・・・大丈夫かな・・・。 → 【オススメ】 眉月じゅん/恋は雨上がりのように



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM