吉永龍太/モンスターバンケット


モンスターバンケット(1) (シリウスKC)

■清の時代を舞台に、科挙を目指していた学生が、 怪物をその身に宿し、大食漢としてフードファイトにジョブチェンジ。

科挙の試験を目指す学生は、先祖代々伝わる伝説の家宝、 ここ一番で食べればなんでも願いが叶うという、 饕餮(とうてつ)の干物を食す。どうしても合格したかったのだが、 腹を壊してしまい試験は失敗。しかし彼は、少食だったはずなのに、 急に大食らいになっていた。


食い逃げ疑惑をかけられたところを助けられた少女に 連れてこられたのは紫禁城のなか。そこではひたすら 饅頭を食い続ける、食べられなければ首をはねられる、 という見世物が行われていた。


そこに何もわからず放り込まれる 主人公が、その身に取り込んだ怪物の力で サバイバルしていくという、理不尽巻き込まれ系 不条理ゲームのフードファイト版。


何故 そんな大食漢が必要とされているのか、 が今ひとつわからないが、時の皇帝である雍正帝も 加担しているという大きな話となっており、 スケールはいろいろと大きい。 だが主人公には科挙になりたい以外に 意思があるわけではないので、 その点が読んでいて盛り上がらないところ。


【データ】
吉永龍太 (よしながりゅうた)
モンスターバンケット
【発行元/発売元】講談社 (2018/6/8) 【レーベル】シリウスKC NEMESIS 【発行日】2018(平成30)年6月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ モンスターバンケット(1) (シリウスKC)
YOUは食(SHOCK)美味(あじ)で頬が、落ちてくる!?
時は18世紀、清朝最盛期。主人公・乾貴道(通称:ケンちゃん)は、人類史上最難関の試験「科挙」に落ちてしまう。だが、謎の少女・暗娘に、旺盛な食欲を見込まれ、誘われた先は……なんと“世界の中心”紫禁城!そこでは、想像を絶するフードファイト「食挙」が行われていた…!!まさしく奇想天外奇妙奇天烈。いま、前代未聞の美食奇譚が幕を開ける!!


■当サイトの著者他作品レビュー
吉永龍太/チノミ

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM