私とエビ中

・エビ中は常に今がいちばん面白そうな感じがする。



私とマンガ、といったことを書こうと思って作ったカテゴリなのだが、日にちを考えたらこちらをまず書く日だな、ということで。

何かを好きになったりハマったりするのに時間のかかるクチなのですが、2018年になってようやっとエビ中ファミリーになった。今日6月12日に記事をあげる理由は、推しが 小林さん なので。ファミリーの中でも、ぽーの一族である。

私立恵比寿中学 の名前はちょいちょい見つつ、とはいえももクロのライブ見たのも2013年と遅めなのでエビ中はそのあと、しかも単独ライブではない形で何度か。だから9人体制は間に合ってないのかも。確かな記憶は2014年の氣志團万博で、かほりこも入った8人のはずだけれど、クセの強いスケ番ルックスで、全てにおいてピンと来なかった印象がある。

私がかつてのようにCD買いあさっていた頃なら、確実に円盤からファンになっていたはず。でもそれでライブまで足運んでたら 瑞季さん 杏野さん 鈴木さん 推しになって9人体制ピークに熱冷めてたかな、どうだろう。

何度かアプローチしつつ、でもちと違う、と思っているなか2017年になり、評判きいてアルバム『エビクラシー』を買い、これは確かに名盤だと気に入り、そしてある種のアイコンだった 廣田さん の脱退というか転校のアナウンスを受け、最終公演はとれないんだろうなと秋ツアー郊外に参戦。でも、うーん、という印象だった。

フジテレビnextでぁぃぁぃラストと6人最初の武道館公演を放送するというのでチェック。しかしその内容のすかすかさ加減に不完全燃焼で円盤購入を決意。で、ライブのブルーレイ(「私立恵比寿中学 大学芸会2018 in 日本武道館」)みたら、

え?こんなにいいの?

と。過去のライブ映像を買いまくる。大学芸会の円盤を見ていたら、かなり早い段階でファミリーになっていたかも…逆にいえば、ふだんの学芸会やフェスでのパフォーマンスがぬるいというか…最初に「EVERYTHING POINT」を見てしまったような、不幸な入り方だったのかもしれない。

ハマるきっかけはもう一つあって、もともと好きだった シベリア少女鉄道 の舞台を久々に見に行った際に 安本さん が出演していた。そこから、 シアターシュリンプ の公演ブルーレイを買ってみた。これが面白かったのだ。第一弾(「シアターシュリンプ☆第一回公演「エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート」」)が特に。

こうして、ようやく ブラックタイガー に入隊。ことこどく回り道したが、エビ中は常に今がいちばん面白そうな感じなので、いつでも遅いということはないのかもしれない。


これからの方にオススメは、新曲 「でかどんでん」の、響ブルーレイつきバージョン→でかどんでん(初回生産限定盤B)(Blu-ray Disc付)。円盤はメンバー6人のソロ「響」がショートバージョンながら納められており、椎名林檎のカバー「自由へ道連れ」新規に勧めたい。


個性の一端を見るという面では、8人体制時の作品になっちゃうけど、シアターシュリンプ公演。コント好きなら楽しめるはず。お値段さほど高くないので是非。→シアターシュリンプ☆第一回公演「エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート」 [Blu-ray]


武道館ライブは二枚組。7人と6人の公演を見比べると、運営のハートの強さを実感。まあお高いですが。→私立恵比寿中学 大学芸会2018 in 日本武道館 [Blu-ray]


マニアックなのは「EVERYTHING POINT 5」あんまりこのシリーズは関心しない作りなのだけれど、第5弾には2017年7/16フォーラム、ツアー最終日の公演が収録されている。通常のツアー公演のパッケージは珍しいのと、 柏木さん は結膜炎だかでメガネっ子状態、それとまあ確実に泣く代物なので、ある程度知識つけてから見るものかな。

財力ある新規は、最初から順を追って映像円盤見てくと良いかも。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM