ももいろクローバーZ 10周年記念 BEST ALBUM『桃も十、番茶も出花』


MOMOIRO CLOVER Z BEST ALBUM 「桃も十、番茶も出花」<初回限定 –モノノフパック->
●東京ドーム公演のあった水曜日に発売。ベスト盤だが、シングルベスト、という感じで、ファンが考えるベストとは違うかな。新譜は「クローバーとダイヤモンド」のみ、加えて新録リメイク2曲。それだけで買うか?というところだったが、映像のおまけつき。ひとつはドキュメンタリー「はじめてのももクロ」のリニューアル。そして、モノノフパック11,111円には、有安杏果ラストライブとなった幕張メッセ「ももいろクローバーZ 2018 OPENING〜新しい青空へ〜」 (参考記事: 2018-01-21_有安杏果ラストライブ「ももいろクローバーZ 2018 OPENING 〜新しい青空へ〜」 ) も収録。じゃあそれは買うしかないな、と。週末に一通り見ました。

●メッセのライブは杏果が抜けてしまったので契約の関係で売れないのかしらんと一瞬思ったが、いやいや、それではあの傑作の2017年ももクリが販売されないことになってしまう。順番前後して収録されたのは引っかかるものの、いや、内容が、セットが簡易であり、尺も短く、映像も普段のものに比べたら照明が邪魔であるなど、単品では売り物にならないと考えたから、か。

●ラストライブは、コンパクトに5人のももクロの魅力が詰まっており、「はじクロ」とあわせて見るに最適。ただし初心者にこれを買えってのも値段的に難儀だし、もはや過去の記録なので今後のももクロを見てもらいたい場合には薦めづらい。が、ももいろクローバーZというライブパフォーマンスの凄い5人組のアイドルグループがいたんだ、という点では、これを見てもらうと真価がわかりやすいと思う。2017年ももいろクリスマスがリリースされていない時点ではこれがオススメ。

●杏果の下手なMCで、あーりんがえっ!という顔をする瞬間はさすがに収めておらず。5人が4人になる演出、そこで松崎しげる氏登場で東京ドームの告知をして空気を一気に転換。弱気な面も見せる夏菜子のトークに、れにちゃんがかぶせて「ついてこい!」って断言したのは本当に素晴らしかった。このれにちゃんの一言が、ファンの、モモノフの、もやもやしていた気持ちを整理してくれたと思う。あれがあるとなしでは、このライブの印象はだいぶ変わっていた。ドーム発表を用意してしげるさんを連れてきた運営も凄いが。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM