三原和人/はじめアルゴリズム


はじめアルゴリズム(1) (モーニングコミックス)

■数学の天才は変人である、という話。 アート系に変人が多いのは・・・一人でもなんとか なるからか。

生まれ故郷の島に講演に向かった老数学者。 テレビにも出ていた有名人であるが、 それは自身が年齢とともに能力に限界を感じたことから、 差し伸べられた手にこれ幸いと進んだ道だった。


そんな彼が廃校となったかつての母校に立ち寄ると、 自分が途中までしか解けなかった問題の式が完成していた。 他にも並ぶ式の数々。天才のようでもあり、まるで阿呆のようでもあり。そして、老数学者は、その式の数々を繰り出す 少年をその島で見つける。


天才少年を見つけた老学者が、数学者として最後の仕事と して彼を導こうとする話。題材としては珍しく、 数学、という絵として面白く見せるのが難しい題材を 漫画でうまく表現してはいるが、 構図としては天才スポーツ少年の発掘と同じ。 どこにユニークさを見るか見ないかで評価が分かれる作品である。


チームスポーツものだとこの手の変人は 受け入れられるかどうかで一悶着ある展開が基本。 一人でできるスポーツ系だと監督だの コーチだのの理解次第でのし上がっていく。 アート系も後者と同様。 変人ものは結果を出せば良いので、 学術系だとスポーツ系同様わかりやすくはあり、 描きやすいといえば言える。


となると、話もパターン化しやすい。 そこで作品の肝はキャラクターになる。 だがそこで、数学、という説明しなければならないことの 多い題材であることが邪魔をする。 とはいえ一巻ではそれを上手に回避して、 面白く見せている。2巻発売済→ はじめアルゴリズム(2) (モーニングコミックス)


【データ】
三原和人 (みはらかずと)
はじめアルゴリズム
【発行元/発売元】講談社 (2017/11/22) 【レーベル】モーニングKC 【発行日】2017(平成29)年11月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→はじめアルゴリズム(1) (モーニングコミックス)
老数学者・内田豊は廃校で出会った、小5の少年・関口はじめと。はじめは、数学において天才的な才能があった。内田は彼の才能に惚れて、彼を導いていくことを勝手に決心したのだった・・・。足す足す引く引くワクワクドキドキ。ワンダーボーイ、数字と一緒に世界を大冒険。数字を見るのが少し楽しくなる成長物語。数学と天才が嫌いじゃなくなります。



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM