SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018@ パシフィコ横浜 国立大ホール

SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018 @ パシフィコ横浜 国立大ホール

・当選したので行ってまいりました。 圧巻はエレファントカシマシ。紅白初出場時は 赤羽駅前のビルに祝出場の垂れ幕がかかるような 地元の星でございますが、ライブアクトは はっちゃけ。まさかの「ガストロンジャー」 を見れたのは感無量。

・同様に平井堅「ノンフィクション」、ギター生演奏に 載せて、いやあ上手いなぁ、と感動しきり。

・ゆずは、ライブアクト凄いのは一人が楽器に縛られずに ステージ動け回れるようにしたからかなぁ、と思いつつ、 何かに似ていると思って考えていたら、ああ、ふなっしーか! と思い至りました。Suchmos見れたのも良かったかな。 歌えるのね。なるほど。あとはDAOKO、水曜日のカンパネラのアクトあり。

・ 平日開催、14時からチケット交換開始、 連れがいる場合は同行のうえ交換せよ、 開演は18時30分だが生中継が入るので 開場の17時30分には来い、という結構な 事前告知。それを鵜呑みにしないという 手もあろうが、皆さん律儀にご来場。 まぁ席は放送の都合上も前から 埋まっているほうが良いわけで、となると 前の席から配布するだろうと考えれば 早い時間にチケットに替えるのが ベストだったんでしょう。

・放送枠からして3時間超の長丁場。 でもライブアクトは6組のみ、 それで場が持つのかいな、と思っていたが、 現場で見ていると割りとするすると流れていた。 27も賞があるということもあるが、 MC3人、いとうせいこう、ユースケ・サンタマリア、 きゃりーぱみゅぱみゅの3氏がよい絡みでスムーズに 転がしていたのが一番。ユースケ・サンタマリアの 高田純次ばりの適当さは相変わらず素敵。

・主要な賞は妥当な感じで、とはいえアーティスト・オブ・ザ・イヤー 的なものは出演優先なんだろうなぁ、という着地のさせかたは 実に興行的。いや、それでいいんです。ショウだから。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM