【オススメ】 高瀬志帆/二月の勝者 −絶対合格の教室−


二月の勝者 ―絶対合格の教室―(1) (ビッグコミックス)

■【オススメ】「ドラゴン桜」の中学受験版か。 シビアでクールな裏に見えるウェットでウォーミングな内容は、 いいのか悪いのかまだ判断つかないが、テーマは面白い。

主人公は大学出で就職した女子。 彼女が入ったのは中学受験のための進学塾。 ただし彼女は自身は中学受験の過去がなく、 知識もない。とはいえ子供に教えることをしたい、と いう熱い思いはある。


無知な登場人物を作り、そのキャラクターの視点を通して 世界を見ていく、というのは職業ものの基本ではあるが、 凡庸に見える。特に、テクニックも重視される世界を描くのに、 考えの足らないヒロインを配置するというのは、 正直どうかと思う。


そうしたヒロインを設定したがために、一方には スーパーヒーローを配置セざるを得なくなる。 彼女の上司となる新たな校長は、企業としての進学塾の あり方と儲け方を考えつつ、子供をどう導くか、 ということも念頭に置いている。そのうえで、 露悪的な発言をするのは、「弁護士のくず」などに似ているが、 無知なヒロインの存在が大きくなると物語として 凡庸でつまらなく見えてくる。本作は結構危うい。 ドラマ化したらまず間違いなく凡庸な作品に仕上がるだろう。


そんな作品だが、面白く見せるのは、中学受験にまつわるリアルさである。 小学生である子供は何を思って受験しようと思うのか、 頑張るのか、どこでくじけるのか。親の思いは何なのか。 塾は何をすべきなのか。そもそもが中学受験は、狭き門である。 それは最悪の場合に公立校進学というバックアップがあるので 皆背伸びをすること、一方で有名校はほぼ中高一貫なので中学から 入らないと行けなくなるということ、が原因のようだ。


もはや大学全入時代と言われるので大学受験は ホットなネタにならない。まぁ受験戦争を経験した世代には 信じられないことだが。そして高校入学も、 実は中高一貫の殆どは高校からは入れないということで、 そもそも扉が開いていない。その辺も中高一貫だが 高校入学がある学校に行ったクチなので個人的にはそうなのかぁと 驚くところ。なるほど。中学受験しないと、差がつくのか・・・。


【データ】
高瀬志帆 (たかせしほ)
二月の勝者 −絶対合格の教室−
【初出情報】週刊ビッグコミックスピリッツ(2018年) 【発行元/発売元】小学館 (2018/2/9) 【レーベル】BIG SPIRITS COMICS 【発行日】2018(平成30)年2月14日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 二月の勝者 ―絶対合格の教室―(1) (ビッグコミックス)
中学受験界に現れた最強最悪の絶対合格講師
2020年の大学受験改革を目前に、激変する中学受験界に現れたのは 生徒を第一志望校に絶対合格させる最強最悪の塾講師・黒木蔵人! 受験の神様か、拝金の悪魔か? 早期受験が一般化する昨今、 もっとも熱い中学受験の隠された裏側、合格への戦略を 圧倒的なリアリティーでえぐりだす衝撃の問題作!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 高瀬志帆/この育児がすごい!!
高瀬志帆/あいどる

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM