CARNATION 35th Anniversary "SHIBUYA COSMIC BASKING 2018 spring"カーネーション/スカート@渋谷・WWW



CARNATION 35th Anniversary "SHIBUYA COSMIC BASKING 2018 spring"  カーネーション/スカート@渋谷・WWW ¥3,800

ヴォーカリストとして好きな女性は坂本真綾さんとクラムボンの原田郁子さん、なのだが、男性はといえばカーネーションの直枝政広氏をあげる。

直枝さんというかカーネーションは、音も東京らしく格好良くてダサい。その気負いのなさは、余所者の多い東京の音楽シーンで、東京人にはぴったりくるのだった。

カーネーションといえば、ミュージシャンズミュージシャンであり、ナゴム、ムーンライダーズ人脈で、森高千里とも一緒に演奏しており「夜の煙突」は彼女にカバーもされた。大森靖子のプロデュースもする、バッファロードーター聴いてた頃は大野由美子がライブメンバーで、この頃のライブアクトが非常に好きだった。いづみちゃんも今はダウンタウンももクロバンドでお目にかかることができるが、ソロ後期では直枝さんプロデュースからカーネーションにも参加するなど 加藤いづみファンとしてはわくわくしたものだった。

ということで、久々のカーネーション。どうも色々裏バッティングして随分と久しぶりの参戦となった。対バンなので一時間ほどだったが、本編で諳んじていたのは一曲のみ、それもはるか昔の直枝さんソロ曲(「60wはぼくの頭の上で光ってる」)をやってくれたから、だった。アルバムきちんと聴きなおさんと。他にはアンコール大ラスの「Edo River」それとスカートが直枝さん呼び込んでやったカバーの「オートバイ」は知っとりましたが・・・。

相変わらず格好良かった。ただ、ロックだと思っていたけれど、スカートみると、なんかベースは同じような感じで、シティポップという括りで再発見されるのも手かもしれない。来月、再来月も対バン呼んでWWWで公演あり、そして6月は日比谷野音。行ければ行きたいのだが。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM