岡野める/となりのシャム猫探偵


となりのシャム猫探偵(1) (裏少年サンデーコミックス)

■獣人キャラによる探偵もの。事件自体は面白いが、 主人公たちの性格設定はやや疑問。

オールドヨークという都会に出てきた 少女。父親が管理しているマンションの 定期点検、視察に来たという。 そしてそこで住人の死亡事件が発生、 管理人が犯人とされ、ヒロインも巻き込まれることに。 そこに関わってくるのが、そのマンションを根城にしている 有名な探偵だった。


探偵もの、なのだが、キャラクターは ヒロインが人間である以外は概ね動物。 探偵もシャム猫。そうした設定は、 確かに事件を見てみると犯人の行動の余地を広げる 役割を果たしてはいるようだし、 人間であるヒロインの絵柄がどことなく鬼太郎の猫娘的 になってしまう著者の描き分けなら動物キャラのほうが 確かに映える。


とはいえ作品上の必然性は感じられず、 なんでこういう世界なのかの説明はまったくないのは 正直引っかかる。 加えて、探偵があんまりやる気がなく、 なのでそれをヒロインが煽り立てる構成になっている。 それもあってヒロインのキャラクターが 正義感振りかざして空気も読まずに突き進む、 というフラットな設定なのは、 読んでいて凡庸だなと感じてしまう。


人物にあまり魅力を感じない反面、 起こる事件はユニーク。ただし、 それは動物の生態を理解していないと 楽しめない類いの仕掛けが用意されており、 それもまたいかがなものかと思わなくもない。


この設定である説明が不足している。 そんなことを思わせないくらいの 圧倒的な勢いで描くか、 あるいは丁寧に設定を説明するか、 どちらかにする必要があったのではないか。


【データ】
岡野める (おかのめる)
となりのシャム猫探偵
【初出情報】裏サンデー(2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2018/2/9) 【レーベル】裏少年サンデーコミックス 【発行日】2018(平成30)年2月14日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ となりのシャム猫探偵(1) (裏少年サンデーコミックス)
けものの街で名推理が光る!
オールドヨーク――そこは動物たちが共に暮らす巨大都市。ある事情で その街に降り立った人間の女の子、ロゼット・アッシュベリーは父がオーナーを務めるマンションで探偵業を営むシャム猫、レイモンド・シャーマンの助手として 働くことに。
犯罪がはびこる謎の大都会を舞台に、猫探偵の推理が冴えわたる!



■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM