矢樹純、青木優、津覇圭一/バカレイドッグス


バカレイドッグス(1) (ヤングマガジンコミックス)

■無免許だが凄腕の闇医者の話。「ブラック・ジャック」 を現代風にしてしまうとこんな感じになってしまうのか。

父親の借金返済をヤクザに迫られるが強情に応対していた女性。 水商売に沈められるすんでのところで、別の買い手に引き取られる。 それは彼女の看護師経験を見込んでのこと。 裏社会の訳あり相手の闇医者がアシスタントとして彼女を迎い入れたのだった。


対価に大金を要求し、前払いを義務付けるが、 腕は抜群。大病院でも通用しそうだが無免許だという。 そんな兄と、保険屋をしている弟。 このコンビを描く話である。 ちなみにカネが必要なのは相応の理由があり、 裏社会で闇医者をやっているのも同様。 無国籍な「ブラック・ジャック」を だいぶ現実に引き戻したとはいえ、、 設定はまだまだ漫画チックではある。


それでも話は面白い。が、シビアだったり湿っぽかったりと ゆらゆら揺れる話は、軸が定まらず微妙に気持ちが悪い。 そこに輪をかけて、ヒロインがうるさい。 やたらと騒ぎ正論を吐く。パニックものにはよく登場する類いの キャラクターである。この人物も奥が深そうなのに 表層だけで物語に関与させられ、つまらない役回りを 進行上しかたなくさせられている感があるのが、 本作に乗り切れないところ。 もう少し苛つかせずに読ませてくれれば続刊を読む気も起きたと思うが。


【データ】
原作= 矢樹純(やぎじゅん)、漫画=青木優(あおきゆう)、構成=津覇圭一(つはけいいち)
バカレイドッグス  ※私が買った電子版の後付では何故か「バカレイドックス」と濁点が落ちている・・・
【発行元/発売元】講談社 (2018/2/6) 【発行日】2018(平成30)年2月1日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ バカレイドッグス(1) (ヤングマガジンコミックス)
とある街の裏路地<バカレイ>に、社会のハミ出し者だけを救う闇医者兄弟がいた。金さえ払えば、どんな手術でも引き受ける無免許の天才外科医・犬童辰二、その弟、犬童亥三。そんな彼らの営む犬童医院に来る患者は、全員犯罪者だった!闇に蠢く命を救う闇医者物語<メディカル・ピカレスク>、開院!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 矢樹純、加藤山羊/あいの結婚相談所
【オススメ】 青木優/シンギュラー

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM