三月えみ/雲一族と泥ガール


雲一族と泥ガール(1) (BE・LOVEコミックス)

■疑似家族ものの変形。 硬直化した資産家一族に吹き込む新しい風、という体か。

養子であることを知らされて育てられてきた少女。 父母の間には実子の弟妹も生まれ、その後母は死去。 男手ひとつで頑張ってきた父も急逝、という展開で、 突然弁護士が現れ、父の弟が著名ホテルグループの 社長と聞かされる。皆はそこへ迎えられるも、 家族は血の繋がりであるとして、つながりのないヒロインは 放逐されてしまう。


疑似家族もの漫画は多発されているが、 本作はさらに一捻り。ただ、その入れ子構造の先が セレブ一族というのは設定が昔風味。 しかもそのセレブの家庭が典型的な無機質具合。 まぁ、敵というか相手をフラットな固定キャラクターに設定して、 ヒロインを動的なラウンドキャラクターとする、 というのは定番ではあるのだが、話は作りやすく動かしやすいかわりに、 安易なものに見えてもしまう。


ボスキャラを冷血漢に設定した分、その家の娘たちは 一見クールも実はその家に生まれたがゆえに押し隠しているものがあり、 それがヒロインの活躍により徐々に見えてくる、 血の通った人物となっていく、という展開は見事。


著者の上手さはわかるが、話の本筋が、未成年は居場所がないので ツライよ、という話になってしまうところが 読んでいてしんどい。続刊発売済→雲一族と泥ガール(2) (BE・LOVEコミックス)


【データ】
三月えみ (みつきえみ)
雲一族と泥ガール
【発行元/発売元】講談社 (2017/10/13) 【レーベル】講談社コミックスBL 【発行日】2017(平成29)年10月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 雲一族と泥ガール(1) (BE・LOVEコミックス)
貧乏な4兄弟の長女・すずめ。ある日、父親が亡くなり、すずめたちはセレブな一族、七海家に引き取られることに。 しかし、養子だったすずめは「家族」として認められず、七海家でペットとして飼われることになってしまい!?


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM