植芝理一/大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック


大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック(1) (アフタヌーンコミックス)

■父親の過去がフラッシュバック、 若き頃の母親との日々が現前に展開される 少年、というマニアックな設定の話。

高校生の少年が夢に白昼夢に見るのは、 女子高生。しかし彼女は今おなじ学校にいるわけではない。 そして彼女が誰かを彼はわかっている。 それは、昔の母親。彼の中には 亡き父親の記憶が入り込んでいて、 そのフラッシュバックを彼に見せているのだった。


他人の記憶が見える、というサスペンスにもなりそうな 設定で展開するコメディ。しかも、それが母親に 恋していた亡き父親の記憶で、それがゆえに 少年は母親に恋してしまっているような状態になっている、 というマザコン通り越したラブコメである。


まぁ気持ち悪いというか居心地の悪さのある設定で、 マニアックというか悪趣味というか。 これを成人向けマンガとしてではなく、 一般マンガとして転がしているところが なんとも人が悪い。


報われぬ感情に囚われている かわいそうな主人公の話ではあるのだが、 一応出口は用意されていて、 同じ学校で彼のことを気にかけている 少女が登場してはいる。 その少女は漫研所属だが、 主人公の母親は漫画家で、 主人公の通う学校は母親の母校でもある、 という絡ませ方で、まぁ、 この少女と接近するために父親の記憶があったのだ、 的な話に・・・はあんまり見えないが、 その辺に持っていくしか話の落とし所はないだろう。


いや、成人マンガ的な展開になるなら それはカルトな作品となるだろうが、 それはさすがにねぇ・・・。


【データ】
植芝理一 (うえしばりいち)
大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック
【発行元/発売元】講談社 (2017/10/23) 【レーベル】アフタヌーンKC 【発行日】2017(平成29)年10月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック(1) (アフタヌーンコミックス)
僕は鈴木実(すずきみのる)、16歳。誰にも言えない悩みがあるんだ。それは、時々高校時代の母さんが見えること。どうやらそれは、死んだ父さんの記憶がフラッシュ・バックしてるみたいだ。父さんの想いも混じってるせいか、僕は母さんのことを──。 このやり場のない感情をどうしたらいいんだ! というわけで、僕は煩悶の毎日を送っています……。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 植芝理一/謎の彼女X

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM