【オススメ】 寺岡さこ/恋はネタ作りの後で


恋はネタ作りの後で 1 (裏少年サンデーコミックス)

■【オススメ】 受けない女芸人が相方を得て初めて受け始める。 コントというか漫才部分も避けずに 作りこんで描写しているのは偉い。

出っ歯をからかわれてショックだったときに、 ルックスをネタに笑いを得ている漫才芸人を テレビで見て、救われた主人公。 彼女はその後お笑い芸人を目指す。 養成学校からピン芸人としてデビューするが、 小屋では全く受けず。最前列の常連さんからは いつも厳しいダメ出しのアンケートが返ってくる。 支配人からも最後通牒を突きつけられ、 崖っぷちに追いやられたヒロイン。


そこに、先輩芸人から合コンの誘いが舞い込む。 それどころではなくネタ作りをしたかったのだが、 食事タダに惹かれて参加。そこで自分同様、 人数あわせに呼ばれた女性のキャラの立ち具合に 魅了され、相方になってもらえないかと頼み込む。 しかし実はその人は女性ではなく、 先輩芸人と同郷の男性で、しかも、 いつも最前列で厳しい意見を言うあの常連さんだった。


実はイケメンなその常連さん、いい会社で出世していたが 心くじけたときに入ったライブハウスでヒロインの 受けなくても頑張る強いハートに感銘を受けたのだという。 相方になるのはいやだ、とまぁ素人なので当然ながら 抵抗。でもネタは提供する、という台本作家というか 指導役になることを約束する。


というところで止まるのかと思いきや、 ヒロインはボケではなくツッコミが向いているのではないか、 と常連さんが気づいたことから更に話はコロコロと 転がっていく。ヒロインは芸人として魅力的なブス、 という設定のようだが、漫画なので普通に可愛く見える。 その辺がなぁ、と思っていると、イケメン常連さんは 彼女のことを可愛いと思っている様子。 不細工を描く作品でいつも引っかかるビジュアルの見える 漫画の欠点が、本作の場合はうまいこと解消されているのは 良いところ。


受けていなかったヒロインの芸がようやく笑いをとれるようになる、 というところからコンテストを目指していく展開は定番も 読ませる。特に、ネタをきちんと見せるのは、 面倒なところまで作り込んでいて偉い。 作品作りは相方ながら、 ヒロインも舞台度胸があり、その点は当初の設定から 織り込んでいるのが見事。そもそもヒロインには芸人として 魅力的なルックスがある、という設定は絵で見せるのが難しい分、 別の強みをきちんと用意しているのが素晴らしい。


恋愛要素に関しても芸第一で押しとどめているようで、 これもどこかで転がす材料になるのだとすれば、 仕込みは万端。ネタを見せていく必要があるので ストーリーよりもそちらのネタ枯れのほうが心配だが、 チャレンジングな姿勢は志が高い。 続刊発売されました→ 恋はネタ作りの後で 2 (裏少年サンデーコミックス)


【データ】
寺岡さこ (てらおかさこ)
恋はネタ作りの後で
【初出情報】裏サンデー(2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/6/19) 【レーベル】裏少年サンデーコミックス 【発行日】2017(平成29)年6月24日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→恋はネタ作りの後で 1 (裏少年サンデーコミックス)

外資系エリート×女芸人の漫才ラブコメ!
コンプレックスを笑いに変えていた芸人に憧れ、女ピン芸人となったかおる。しかし全く売れず。 そんな中、付き合いで参加した合コンで、かおると息の合った掛け合いをしてくれた男・晴巳に運命を感じて――? 外資系エリートリーマンと売れない女芸人による異色の漫才ラブコメ、スタート!


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM