【オススメ】 遊知やよみ/福家堂本舗 弐


福家堂本舗 弐 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

■【オススメ】 2000年に完結せざるを得なかった「 福家堂本舗 」の巻末ですでに描かれていた話 の続きを17年経って続編として綴り始めるとは気が長いというか執念というか お導きというか。実写ドラマ化さまさまなのか、いや続編あっての ドラマ化だったのだろうなぁ。ちなみにドラマは結局いまだに見ておらず。 Amazonプライム会員だし早見あかり主演だし見られるし見たいと 思いつつもなかなか。→【Amazon.co.jp限定】福家堂本舗-KYOTO LOVE STORY-(DVD-BOX) 初回限定版・・・ そして著者の練度はますます上がり、 本作は前作以上の読み応えに。

京都の老舗和菓子屋。前作でガサツだが味覚と和菓子のことに ついては抜群だった次女が店を継いでいる。そして 前作巻末にもあったように子供が・・・あれ?なんか5人もいるぞ・・・。 親である次女は双子の男子に店を継がせたがっていたのだが 野球の道を進みたいとノンプロに。そこでそもそも継ぎたいと思っていた 双子の女子が主人公として続編の物語を背負う。


ヒロインは非常にがさつで自由で人情に厚くて明るくて、 「お父ちゃんが言うことにはお母ちゃんの若い時にそっくりだとか」 ということで、なんだ前作と同じじゃないか、時代を替えての 焼き直しかと思うところである。


が、勿論そんなことはない。ではどういう作りか、というと 家の養子的な人物となっている男性がおり、有名大学を卒業しつつ 店に入っている。和菓子つくりにも真摯で腕もセンスもある。 ただし彼が養子になるかどうかにあたってヒロインが抵抗したという 過去もあり、二人の仲はややぎくしゃくしているような。 しかし彼にとっては特に飾り立てもせず素直に接しられる相手が ヒロインである、ということも解ってくる。


とはいえ、こんな話か、なんというか「 3月のライオン 」ではないが、あれはあれでいいとして、いや、遊知やよみ作品 に求めているテイストは寧ろ突き抜ける陽気さが裏打ちする女性の強さ なんだけど、たとえば「 これは恋です 」なんかが大好物なのだが、 と勝手なことを思いながら読んでいたのだが。 終盤にかけて、これは!という展開になった。


ヒロインの才能は、人間関係を見抜くこと。そして、 何をどうつつけばどう動くかを見極めて働きかけもする、 それも京都という閉鎖的な土地柄にあった外交能力。 そしてその能力に両親も気づき、ヒロインが店を継ぐ未来に ワクワクしてくるというところで巻またぎという、幸せな 展開である。


登場人物は多く前シリーズを読んでいたほうがこの人はアレだな、 とわかる愉しみが増えるものの、基本的に新しい世代が話を 回していくので、ここから読み始めて面白ければ前作に遡るでも問題なし。 というか前作が頭に入っていなかったので まずはそちらを再読してからと最終巻を今一度 読み直してみたが寧ろ余計に混乱したので、 よほど読み込んでいる人だけが楽しめる要素が別にあるが ここから読んでも十分という、なんだ、京都という町を体現したような 作品なんじゃないか、これは。 問題は一点だけ。続刊出るの?これ。なんか話まとまっちゃってるし、 連載続いていないという話もあるようだけど・・・。


【データ】
遊知やよみ (ゆちやよみ)
福家堂本舗 弐
【発行元/発売元】集英社 (2017/8/25) 【レーベル】マーガレットコミックス 【発行日】2017(平成29)年発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→福家堂本舗 弐 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

創業四八〇年の老舗和菓子屋「福家堂本舗」。当代とって十八代の歴史を持つこの店は、伝統の根付く京都で厚い信頼を集めている。そんな福家堂の跡継ぎを目指す店の長女・ふぶき。しかし母には反対され、優秀な兄・彦一郎とは不仲。ふぶきが跡継ぎとして認められる日は来るのか──?


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 遊知やよみ/福家堂本舗
【オススメ】 遊知やよみ/これは恋です
遊知やよみ/素敵ギルド

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM