2017-10-07_「僕のジョバンニ」は絶品だった


●2017年10月7日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 新潮社 バンチコミックス 私だってするんです 1巻 (バンチコミックス) 小谷真倫

★(電子版同発) 新潮社 バンチコミックス 兄ート先生の発酵メシ 1巻 (BUNCH COMICS) 羽鳥まりえ

祥伝社 フィールコミックス FC SWING 君はゴースト 1 (Feelコミックス FC SWING) 染谷みのる

祥伝社 フィールコミックス ボンクラボンボンハウス 1 (Feelコミックス) ねむようこ

☆(電子版10/13) 芳文社 まんがタイムコミックス 神シュフ☆エンタ(1) (まんがタイムコミックス) 胡桃ちの


●穂積「 僕のジョバンニ 2 (フラワーコミックスアルファ)」 を読んだ。遅いよ、と言われそうだが。いや、凄い。なるほど。そういう方向か。

一巻レビュー では天才と凡才の話で「 さよならソルシエ 」みたいなものか、としたのだが、半分当たりも、半分違った。著者は、さすがだ。

凡才には凡才の戦い方がある、と。それは自分の能力をどう活かすかの分析と、それに則った努力。いや、その時点で凡才ではないのだが。努力型の天才だろう、それは。勿論、計算ずくの自然っぽさと、自然とは違う。でもそれは本当か?天才は実はそれを自分のなかで自身も理解していないうちに計算をしているだけではないのか。本来はすべての事柄は分解し数式化できるのではないか。要するに、芸術はAIで置き換え可能なのではないか。 そんな現代的な疑問を取り上げている、のかもしれない。

教科書的な、CD的なものに音楽を見せないために、綿密に計算したうえで作り上げる、という主人公の話は、スポーツもので「 ベイビーステップ 」や「 おおきく振りかぶって」など近年出ている名作の芸術版ともいえるアプローチ。没頭しました。 いや、これ、完結してからまとめて読む人が一番幸せだと思うな・・・。 → 【オススメ】 穂積/僕のジョバンニ



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM