【オススメ】 松本剛/ロッタレイン


ロッタレイン(1) (ビッグコミックス)

■【オススメ】内容的にはやるせなくて好きではないが おそらく読んだほうがよい一作。

冒頭から病室にいる主人公。運転手だがバスを暴走させて ケガをして入院した。幸いにも回送車なので乗客はナシ。 母親をなくし天涯孤独になったところで 上司からのパワハラがあり付き合っていた女性に 裏切られて精神的に参っていた、ということが 週刊誌はじめマスコミで報道された。


実際は、彼女が上司と行為をしているところを目撃したのが、 引き金になったのだった。そんな病床の彼のもとへ、見覚えのない 少女が一人。現れた彼女は彼の身元を確認してひとこと、「来ないで。」 と言って、帰っていった。


トラブルをおこし、会社にもいられず、ケガもした、家族もいない彼。 そんな状況だったが話は急転。母を残し家を出ていった父が彼の もとを訪ねてくる。一緒に住まないか、と。そして先に現れた女の子は、 父の娘だった。ただし、彼女は連れ子。その下には父の血を引いた 弟がいた。結局主人公は、父のもとへ行くことにして新潟県長岡市へ。


そんな話。重い。そして凛とした中学生の女の子である妹に、 主人公は惹かれる。際どい。まぁ血のつながりはないわけだが。 いやそういう話じゃない。まず仕事どうするんだ。という話があるわけだが、新しい家族の話のほうがメインで主人公はとりあえず放置される。


父は主人公のことを気にし、父と血のつながりがない妹は 母がいなくなれば自分一人になってしまうと思う。 それは、少し前の主人公の境遇でもある。そんな追い詰められた ギリギリの人物が複数出て来る話が明るいわけはなく。 正直この先どうするんだという物語で読んでいていい予感がまるでしないのだが、いやまぁたまにはこういう話も読むべきかなと。


2014年の連載開始から雑誌休刊を経た移籍はあれど丸三年分 を全3巻として8月から10月までに刊行。本作も最終ページのノンブルが254と厚めな一冊。ってじゃあ奥付の記載は一巻収録分がその号数ってわけじゃないのか?おかしくないか表記?まぁそのまま記載しておくが・・・。 続刊発売済→ロッタレイン(2) (ビッグコミックス)


【データ】
松本剛 (まつもとつよし)
ロッタレイン
【初出情報】月刊IKKI(2014年)、スピリッツ増刊ヒバナ(2015年〜2017年) 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】ビッグ コミックス スペシャル ヒバナ 【発行日】2017(平成29)年8月15日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ロッタレイン(1) (ビッグコミックス)

新海誠、絶賛!!「はげしくて、静かな奇跡。松本剛の漫画をいつも待っている」
仕事・恋人・母親…全てを失った一(はじめ)の前に現れたのは、14年前 自分と母を捨てた父と、初めて会った血のつながらない義妹・初穂。初穂の母と弟とともに長岡で一緒に暮らすことになるが、家族を乱されることを恐れる初穂は一(はじめ)に敵意を剥き出しに。複雑な関係ながら〈家族〉になろうと歩み寄る一(はじめ)だが、少女と女性の間を行き来する美しい初穂に心奪われ……衝動と愛情が交錯する、ひと夏の儚い恋の物語。全3巻8〜10月連続刊行!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 愛英史、松本剛/しずかの山

■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM