【オススメ】 聖千秋/スパデート


スパデート 1 (オフィスユーコミックス)

■【オススメ】女性の顔を認識できなくなった主人公が、 唯一人間の顔として見えたのは再会した高校時代の同級生だった。

デザイン会社を運営している男性が主人公。 ヘッドスパが気に入っていたサロンにケチが付いてしまったところで、 近所の天然温泉のあるスパリゾートを紹介される。 そこで彼は、同級生だった女性に再会する。


ちなみに彼は、会社にいる女性の顔が、キャラクターに見えている。 というか女性は誰もかれも同じ顔に見えて、名前すら覚えられない。 が、何年かぶりで、まともに女性の顔が見えた。 それが、同級生だった子だった。


著者の新作が佳作で嬉しい。例によって、スーパーマンな人物の話。 いや、それだと語弊があるか。別に特殊な能力を発揮するわけではない。 が、芯がしっかりしていてブレないものを持っている。そんな人物の話。 この作品のヒロインもそうで、「優しくて控えめだけどいつも凛としていた」。


何度か立ち寄るその施設で、必ず顔を見せてくれる彼女。 そして彼は会員になる。それは彼女に会えることも当然ながら影響していた。 この施設、というか彼女のおかげで、感情が落ち着く主人公。 ではこのあとどう展開していくのだろう?というところで、 彼と彼女の同級生たちが次々登場しはじめ、そして、 彼女がまもなく結婚式であるということが明らかになる。ただし、彼女の口からは、 何も語られない。


主人公は何事も、ああそうか、と割り切る感じで、変に物分りがよいので、 この先の物語がどう転がるのかは微妙であり、続刊では話が停滞しそうな 気もするが、一巻としての美しさ綺麗さは絶妙。 投げやりにみえる題名に不安もあったが、読んでみると話はしっかりしており安心した。


【データ】
聖千秋 (ひじりちあき)
スパデート
【発行元/発売元】集英社 (2017/7/25) 【レーベル】マーガレットコミックス 【発行日】2017(平成29)年発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ スパデート 1 (オフィスユーコミックス)
一之瀬朋哉はウンザリしていた。経営するデザイン事務所は多忙を極め、安らぎとは無縁の日々。あげく女性不信が積み重なり、日常生活に“大問題"が! そんなある日、偶然訪れたスパで奇跡の出会いが舞い降りた──!?


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 聖千秋/四百四病の外
■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM