【オススメ】 西餅/僕はまだ野球を知らない


僕はまだ野球を知らない(1) (モーニングコミックス)

■【オススメ】 サイバーメトリックスを漫画に取り入れた一作。 ここまで極端に描けるのは、漫画ならでは。 この割り切りゆえに面白い。

主人公は物理教師。野球が大好きでデータをマニアックに集め サイバーメトリクスを推進する野球部部長。でも勤めている工業高校は 弱小であるし、監督には邪魔にされる。他のチームの監督も尾行して 性格まで分析するトラッキングをストーカー扱いされて クビ宣言。野球に一度も関われずにクビか、と愕然としていたところ、 急転直下、監督が糖尿で入院することになり、監督の座が彼に舞い込んでくるのだった。


野球が大好きだが自分でプレイする才能はなかった主人公が 監督としてようやく野球に関わることになるというお話。 父は名監督で、しかし部員たちは全く楽しそうに野球をしていなかった、 という過去もあるようで、背景の設定もきちんと用意。まぁこういう 設定が必要というのがフィクションの面倒なところではあり制約でもあるのだが。


選手としての実績がない人物が指導者となることへの抵抗感は いまだに根強いが、そのなかで彼はマニアックさと愛着心とに加えて 部活にカネを比較的投じられる工業高校という状況と、 趣味と実益が一致しているがゆえに投じられる私財を背景に ぐいぐいと自分の思うところを推進していく。


ただ本作がすいすい転がっていくのは、彼の指導力にある。 アドバイスがわかりやすいとして、部員にすぐ受け入れられる。 部員の向上心をくすぐったうえで、結果がすぐに出る。 やはり結果がすぐに見えないと信用されない、逆にいえば結果が出れば 信用を得られる。それがスポーツなど技術系にアドバイスする際の 良いところなのだろう。中間指標、KPIをアドバイスをする側も受ける側も きちんと抑えることが大事、という話が主題で、ああ、だからこの漫画は 今までの野球漫画とは違った面白さがあるのだな、と納得する。


特に弱小チームであるというのは伸びしろがあるので、 描いていく上では面白い。 そこに、リトルリーグなどでは実績あるがタッパの問題で成長力を 疑問視されて放り出された才能ある人物がおり、 監督の期待というか指導に応えられる、というのが上手い。 「 おおきく振りかぶって 」を 「 ベイビーステップ 」に更に寄せた感じの話だが、よりデータをごりごりツッコミつつ、 そのデータマンが主人公になって、かつ コメディ要素を忘れない、ということで、 「 逃げるは恥だが役に立つ 」の野球版みたいな感じで捉えるのが良いのかもしれない。


プレイヤーに注目する時代は終わった、とは言わないが、 過去にプレイヤー経験のない監督、コーチ、データマン を主役とするというのは、実は現実を踏まえると正しい視点なのではないかと思う。 それで漫画になる方法を模索するのが、今後のスポーツ漫画のあるべき広がり の一つの正解ではあるだろう。選手を描いていると最終的にはスーパースターを 描くしかなくなってくるジレンマから逃れられない、という問題があるので、 新たな正解を模索するのは業界の生き残り策としても正しいはずである。


【データ】
西餅 (にしもち)
僕はまだ野球を知らない
【発行元/発売元】講談社 (2017/8/23) 【レーベル】モーニングKC 【発行日】2017(平成29)年8月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ 僕はまだ野球を知らない(1) (モーニングコミックス)

高校野球の監督をするのが夢だった物理教師・宇佐智己(うさともき)は、念願叶って浅草橋工業高校野球部監督に就任。チームを勝利に導くために、野球の統計学を提案する。根性でも気合でもない、データに基づいた「効率の良い努力」とは何か? 新生野球部、始動!!


■当サイトの著者他作品レビュー
西餅/ハルロック
【オススメ】 西餅/犬神もっこす

■当サイトの月間オススメはこちらから

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM