2017-08-07_ ももクロ夏のバカ騒ぎ2017



ももクロ夏のバカ騒ぎ2017 -FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会  ¥9,200

ももクロ、スポーツと融合した4年ぶり「夏のバカ騒ぎ」で味スタに10万人動員 - 音楽ナタリー
『ももクロ夏のバカ騒ぎ “DAY1”』セトリ・感想まとめ!kwkm「楽しみすぎて遅くなったよ 51009個の星屑たち!」 _ ももクロ侍
『ももクロ夏のバカ騒ぎ “DAY2”』セトリ・感想まとめ!夏菜子「この一曲で誰かの人生が変わるかもしれない。そう思って全力で頑張りたい」“次は2020年にバカ騒ぎしましょう” _ ももクロ侍

2日間でおよそ10億円を売り上げるビックイベント。 週はじめでは台風も心配されたが結局雨は一滴も降らず。 雨女あーりんを晴れ女夏菜子が制した、ということか。

“ももいろクローバーZ 百田夏菜子さん”ライオンズが真っ「赤」に燃える「夏」の応援大使就任! 8_16(水)メットライフドーム来場!|埼玉西武ライオンズ
7月21日(金)北海道日本ハムファイターズ戦から8月17日(木)東北楽天ゴールデンイーグルス戦まで行われる「ライオンズ フェスティバルズ 2017」の応援大使にももいろクローバーZのリーダー百田夏菜子さんの就任が決定いたしました!
ということで7/12から西武ライオンズは13連勝、勝利の女神じゃないですか!と話題になっていたが、土曜は最大6点差つけられてこれまでか、と思ったところ最終回に同点に追いつき、これは!と期待も結局負け。とはいえ日曜も勝利で、期間中14勝1敗の圧倒的な戦績。これで、8/16当日だけは負けてしまうというのがいいオチのような気もしますが、いやいや・・・。

さて、ライブの話。雨降らず何より。とはいえ凄い蒸したけど。人も多いしね。初日はアリーナ。後方だが最後方ではないという微妙な位置なので、どこからも遠かった。音はやや小さめ。大きいとハウリングしたり遅れたりするから仕方ないのかなと思うが。どこでもライブをやっておく、という実験ではあるのだろう。その点で同じところだけでやればいいとする運営とは違う志の大きさは感じる。まぁ客としては勝手知ったるのほうがいい場面多いんですけどね・・・。2日めはスタンドで、そちらのほうが全体見渡せるし音もクリアで見やすかった。

今回の企画は、スポーツとの融合。オリンピックに色気出しているのか、といえばそうだろう。そしてそれは正しい。日本で動員力がありライブアクトとして凄いものをやっているのは、宝塚除けば嵐を筆頭とするジャニーズととももクロ中心のスタダ勢くらいだろう。AKBや乃木坂欅坂勢はメンバー入れ替わっちゃうので依頼する側としては何年も前に決められないだろうしね。

イベント自体、ハーフマラソンやったり意味がわからんが、演出の中に盛り込んでいってセパレートでなく一体感あったのは上手かった。とはいえ、何見てるのか正直わからん印象はあった。二元中継のテレビ見ているみたいで、少なくとも初めてももクロライブ見るって子を連れてけるライブじゃあなかったかな。

ただ、空手の形は男女ともルックスも含めて格好よく、他の試技も含めて、スポーツサイドには見せる意味があったのではないか。早い、すごい、かっこういい、というのを目の前で経験してもらうという点で、スポーツ側に刺激になっていたら面白い。他流試合は重要、っていうのはももクロがずっとやってきたことだけれど、演目に対して、なんでお前ら来たんだ、という反応ではなく盛り上がるモノノフってのは客として重要な存在なのではなかろうか。とはいえ1500m走もハーフマラソンもアップダウンのあるコースで特に1500m走は仮設であるステージの上をあがってさがる設計で、まぁみなクロスカントリーなんかもやっているだろうから問題さほどないのかもしれないが、普通のトラックと違ってケガの可能性が膨らむのではと 思いもした。

しかしまぁこんなイベント続くなら夏はもういかなくても、少なくとも一日だけでもいいかな、と思っていたら、来年はまた別の企画をやるらしい。スターダストのパワーがあがればオリンピックも近づくという算段か。まぁどうでもいいが、KISSとジョイントしたことのあるももクロ、ってのは海外へのアピール力はたぶん強い。クールジャパンの文脈だときゃりーぱみゅぱみゅ行くかパフュームいくかベビメタいくか、というのが妥当な落とし所なのだろうが。過去実績からすると椎名林檎ってのもあるが。

しかしスポーツやアスリートと組むなら、ミュージシャンとのコラボのほうがやはり本筋だろう。 なので、中田ヤスタカや椎名林檎に曲とっとと書いてもらえ、そうしたら更に近づくぞ、とは思う。桜を見る会常連のももクロは覚えもめでたいはずなので、オリンピックももクロ推しなら安倍政権が続いたほうがいいのではないかしらん。ちなみにわたしはオリンピックなんざもう辞めちまえ派ですが。 あとはPerfumeがやっているようにアートと融合させるのが一番。小ネタ挟む気ならもう東京03に完全に発注して一緒にやりなよ、ファン全員諸手上げて賛成するとおもうよ。あとは指原プロデュース、ってのは無理だろうけど、たかみなは仲良いんだし一緒にやるとか。

など思いつつ、ソロの目星がついた有安さんが心の安定が表に現れたかのような菩薩のような可愛さで、あーりん推しのぷにのふとしても目が杏果を追いかけていた。ももクロでなにをやってソロでは何をやる、ってのが明確になったのかもなあ。ちなみに「桃色空」は杏果ソロバージョンでも聴いてみたい。



あ、あと。2日目にやった「白金の夜明け【通常盤】」だけれど、あの曲に振り付けは要らないのでは。そこに振り付けつけてしまうセンスが、もうももクロには要らないように思った。



来年の単独ライブは春でも夏でもない時期、ってそこは「季節」にして欲しかったけど、石川優子さんのファンいたらそうしたよねと思うがこれ作詞秋元康氏なのか!ちなみにライオンズの応援歌「吠えろライオンズ」は石川優子作詞作曲。ちなみに例によってライブに登場し「愛のメモリー」に載せて来年の告知をした松崎しげる氏はライオンズ球団歌「地平を駈ける獅子を見た」の歌唱者であるわけで、来週までライオンズがどう戦っていくかに注目しつつ。8/16は平日なのでたぶんいけませんが、っていうかチケットまだあるんかね・・・。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM