2017-07-24_DADARAY,SHERBETS

【ライブ観賞記】

DADARAY oneman tour 「 灯 火 」 @赤坂BLITZ ¥3,800
曲は良い。ヴォーカルも上手い。なのだけれども、なんだろう、ノリきれない。
全体の方向性が、どこへ向かいたいのかが分からない。なので、聴いていて戸惑う。 そして楽曲の一曲一曲も、どこへ向かっているのかが分からない。 部分部分は良いのだが、パーツの繋ぎが上手くない。
別に統一感がなくても、それを補って余りある勢いがあれば良いのだが、 大人のAORを志向したゆえかそれほどのパワーはない。 なんだろう。暴走させるか練り込むか、どちらかに掘り下げて欲しいところ。 習作を見せられている感じ。
アンコールラストでの「灯火」が向かって欲しい方向なのだけれど。 新曲は、つまらないリミックスバージョンを聞かされているような、 できそこないのシャーデーのような、なんでこんなアレンジなのかなぁ、 と思う次第。うーん。休日課長はやっぱり絵音くんとやってたほうがいいのかねぇ・・・。


SHERBETS『TIME TRIP』 @ビルボードライブ東京  ¥7,500
最後に 「またどこかで会おう」なんて ステージを去るなんて、浅井健一、格好いい。 一言程度だけ喋って次の曲に行く、 というMCの在り方は、 ライブはこうあって欲しいのだけれど、 と改めて思わせるものであった。
ベンジーはほんと美少年声である。 少女漫画的な世界の少年のような。 曲も雰囲気もの。 美少年イメージを壊さないような。 一方で、あくまでも雰囲気ものであるんだよなぁ。


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM