【オススメ】 藤原規代/一寸法師と姫の恋


一寸法師と姫の恋 1 (花とゆめコミックス)

■【オススメ】昔の記憶を持った少年が懸想する「姫」のために尽くしていくお話。 ・・・ええと、「ぼくの地球を守って」みたいな感じですかね。

お嬢様学校に通うヒロインは惣菜屋でコロッケ売りのアルバイト。気立てよく、よく働くが、 バイト代を手に難しい顔。同級生に、制服着たままアルバイトなんで学校の質が疑われる、 と嫌味を言われる中でも彼女は、こんなんじゃ全然足りない、と。実はお嬢様育ちで元女優だった母親が、 連帯保証人が失踪したために1億円の借金を背負ってしまっており、家も抵当に 入っているのだった。


金に困り、キャッチの男と関わったところで、少年が助けに入る。彼は10歳の小学生 なのだが、実はヒロインに会うために戻ってきた。以前、彼女の家にも家族で来たことがあり、 その彼が借金を肩代わりするかわりに、ヒロインを嫁にもらいたいのだと。彼女は その昔の彼を思い出す。しかし彼は彼女に、もっと思い出して欲しいことがあった。 それは、前世の記憶。


ああ、前世ものか、と思うが、題名のとおり更にひねっていて、彼は一寸法師であったのか、 そしてヒロインは当時一寸と暮らした姫の生まれ変わりであるらしい、という話。 一寸法師は望み願いを小槌を振れば叶えられる。というか、小槌のほうで 一寸法師に願いを唱えよと誘導している、という具合にとことんツイストした設定。 俯瞰して見ると、なんでこんな話になっているんだ?という無駄な部分も多いが、 エピソードは小気味よく展開しており読んでいる最中は特に気にならず。


願いを叶えるには小槌を振ればいい、のだが少年はそうかんたんには振らない。 一方小槌の側は振らせたい。願いを叶えることに伴うギブアンドテイクの 本質は何だろう?と思っていると、それは巻末に明らかになる。なるほど、 そういうことなのか。・・・その割に過去を覚えているのは少年のほうであるのは どういうことなのかな、という疑問も湧いてきたが、これは続刊で解決されるのだろうか。


続刊 2巻が刊行されたが電子版はまだの様子。待ってます・・・→一寸法師と姫の恋 2 (花とゆめCOMICS)


【データ】
藤原規代 (ふじわらきよ)
一寸法師と姫の恋
【発行元/発売元】白泉社 (2017/1/20) 【レーベル】花とゆめコミックス 【発行日】2017(平成29)年4月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 一寸法師と姫の恋 1 (花とゆめコミックス)

一億円の借金の肩代わりに10歳の少年・将の許嫁となった高校生・咲姫。咲姫を「姫」と呼ぶ、将の目的は…!?


■当サイトの著者他作品レビュー
藤原規代/【急募】村長さん
藤原規代/お嫁にいけない!
藤原規代/アラクレ

■当サイトの月間オススメはこちらから

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM