2017-05-06


●「スローモーションをもう一度 2 (ビッグコミックス)」→ 【オススメ】 加納梨衣/スローモーションをもう一度 _ マンガ一巻読破
電子版はまだ2巻まで。 遅れてきた趣味を持つ二人のラブロマンス、と思ったのだが、 実際その路線ではあるものの、案外すんなりとは進まない。 まぁ進まないほうが話の描きようがあるのだが、 進ませないために投入する要素がなかなかにヘビー。 とはいえ、親を見て、恋愛や家族というものに不安を感じる のは当然あるだろう。そういう家庭に育ったからこその レトロ趣味なんだと思うし、ようやく出会えた二人のようにも思えるが。 こうした細部を描いていくことで、なぜ80年代という後ろ向きな趣味なのか、 も朧げに見えていくところがポイントか。

●「 七つ屋志のぶの宝石匣(4) (KC KISS) 」→ 【オススメ】 二ノ宮知子/七つ屋志のぶの宝石匣 _ マンガ一巻読破
87CLOCKERS 」はちょっとチャレンジしすぎな内容だったせいか ぴんとこず、それでも律儀に買い続けたものの 結局おもしろくなりきらないまま終わってしまったのだが、 本作の場合はわかりやすい内容のマンガに戻っている。 一方で作品全体の持つ物語は複雑。なにせ店に預けられて 質流れになった「人」、彼が連絡をとっている謎の相手、 彼と友人が待っている何か、加えて本作では彼を探りにきた 者も。まぁ全部一つにまとまっていくのだろう、そうでないと 話が拡散してしまうので。とはいえそれで 話の落とし所が想像できるわけではない、 というのが上手いところ。

CRAFT COCKTAIL
クラウドファンディングのMakuakeで投資したクラフトカクテルに行ってきた。住所を見た時、ん?こんな地番?と思ったが、駅からの導線はよく考えて行けば治安も含めて悪くない。あ、場所は会員制でシークレットということなのだが、その建物に行くと普通に店名表示のプレートが出ていた。
現時点では18時と21時の2回転制。まぁバーなので会員なら席があいていれば入れるということではあるが基本予約制。カクテルのコースがありこれが5,400円。その価格なので3〜4品、という話だったが、行ってみたら8品出すという。そんなに飲めるんかい皆、と思ったが、まぁ、飲めないことはなかった。けれども、どうだろう、基本的に、甘い。まぁカクテルなんでね。でも、奇をてらったカクテルばかりで、面白いが、うーん。特に日本酒を使ったものが多かったのは、これ、好き嫌いや酔やすさとか出そう。味もチープかなぁ。メニューでの単価が1,000円でこぼこなので、これは、もっと単価あげて2,000円くらいの設定にしたらどうだろう。
成長していく店であれば面白いと思うんだけれど、どうなのかねぇ・・・。


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM