【オススメ】 小田ゆうあ/リブラブ livelove


リブラブ livelove 1 (オフィスユーコミックス)

■【オススメ】本社からとばされたヒロインが 左遷先で頑張る話、かと思いきや・・・。 伝えなければ殆どのことは解ってもらえることはない、 というお話。

外食委託チェーンの内勤仕事だったが 社内でいじめというか罠を仕掛けられ、 その始末という形で田舎のゴルフクラブ に飛ばされてきたヒロイン。 そのゴルフクラブは老舗だけあり 名を成した客とそれを適切にあしらう スタッフとで円滑に回っていた。 ヒロインはそこでも上手くやることができず 一人浮いている。 しまいには自分のタバコの不始末から ボヤ騒ぎを起こしてしまい、 彼女は人生を終わらそうと決意するに至った。


飛び降りんとするシーンから始まる話は、 表紙が表紙なのだからつまりはそういうこと。 読者がヒロインと思って読み始めた人物は 早々に退場してしまう。 話は職場で特に仲良くやっている主婦3人 の視点にシフト。すると、 ヒロインのことを思って泣く主婦の前に、 ヒロインが現れるのだった。


この世に未練のある幽霊もの、 といえるのかどうか。 ヒロインはなぜ成仏していないのか 自分自身でも判然としない状況の ゴースト交流もの。 ゴルフ場という設定だけに、 お迎えの近いお客さんもいるわけで、 そうした逝ってしまう人の 媒介としてヒロインが現れて言付けする、 という話が展開される。


ヒロイン自身は、うまくやりたい、 嫌われたくない、と思うほど裏目に出る。 もう失敗したくない、と自分を守って攻撃的になる。 素直になりたいと思うが、ボタンの掛け違いが続いていく。 そんな彼女が素直になれたのは幽霊になってから、 という話であるところが、切ないというか、 なんでこんな話にしたのかな、と思うところではある。


エピソードは面白い、というか、よくできている。 それだけに、この作品の大きな物語、軸となるストーリーは 何にするつもりなんだろう。 とはいえ、主婦3人が仲良く、そして共通の秘密を持つ、 という設定は面白く素敵である。 これで昼ドラ、やればいいんじゃないかな、と思ったりもする。


ちなみにリブラブっていうのは 作中に出て来るバンドの名前でもあるらしい。 わざわざ歌詞やらポスターやら出して 名前にも言及してるってことは 今後も出てくるんだろうなぁ。 どんな感じで物語を作っていくつもりなのか、 興味がある一作である。


【データ】
小田ゆうあ (おだゆうあ)
リブラブ livelove
【発行元/発売元】集英社 (2017/4/25) 【レーベル】MARGARET COMICS 【発行日】2017(平成29)年発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→リブラブ livelove 1 (オフィスユーコミックス)

水上素直・25歳。恋とか仕事とか、自分なりに頑張ってたつもりなんだけど、どうやっても全然うまくいかない。だからもう、人生を終えることにしたんだ──。


■当サイトの著者他作品レビュー
小田ゆうあ/ふれなばおちん
【オススメ】 小田ゆうあ/斉藤さん
■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM