2017-05-02

・ランキングには興味がほぼないもののリリースリストというか情報キャッチアップに使うには相変わらず良いものではある。と言いつつ自分が買ったものがどんな塩梅なのかをチェックというまるで生産性のない使い方をしてみる。

●夜の本気ダンス「SHINY E.P.(初回限定盤)」業界紙ではデイリー初動25位だかで、うーん。タイトルナンバーは爽やかなポップスでコレジャナイ感漂うがタイアップのようで。「境界のRINNE 」(→ 【オススメ】 高橋留美子/境界のRINNE _ マンガ一巻読破 ) アニメ主題歌でも意味があったのかどうか。ライブでやってたら格好いいのかな。でもなぁ。もったいない。売れる曲に寄せるんじゃなくて、いままでのラインで強引に売るってのが必要だと思うんだけど。個人的にはいまライブ行って一番楽しめるバンドなので変に他のバンドのライブのようにはならないでほしいというのが勝手な思い。それでもさらに売れていけると思うんだけどなぁ。

●ポルカドットスティングレイ『大正義』こっちは業界紙デイリー5位スタートで週間トップ10の可能性大。ヴォーカルの存在感があるので椎名林檎のエピゴーネンという位置づけをどこでどう超えてこれるか。テクニックの高いバンドは大好きなのでぜひこのまま伸びていっていただきたい。キネマ倶楽部の追加公演とりたいんだけど用事があるのでなぁ・・・。

●sora tob sakana「cocoon ep」はアルバム扱いで週間35位。あ、清竜人25『WIFE(CD+DVD)(初回限定盤)』のほうが上の19位だったのか。いかん買ってない・・・いま買いました。

まぁこうしたものをCDでなくデータで買えば宅配業者もいらないんだけどね。結局CD購入に戻ってしまいました。別にデジタル音源で聴かないので。デジタルのほうが安いっちゃあ安いんだけど。

●続刊読んで面白かったもの。「地獄の教頭 4巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)」→ 【オススメ】 大沼良太/地獄の教頭 _ マンガ一巻読破  ハードコア教育もの。バイオレンスものをこういう文脈でやるってのは、「GTO」的なもののある種のパロディかなと思いつつ、全力なのが面白い。対抗する勢力、というのが結局教頭らの手のひらで踊らされるものであるのならば、物語全体の展開上は邪魔だった気もするが、この展開を今後にどう活かすのかは楽しみ。っていうか併録のデビュー作は狂ってますね。

●「100万円の女たち(4) (ビッグコミックス) 」 → 【オススメ】 青野春秋/100万円の女たち _ マンガ一巻読破 ドラマ化されていますが、全4巻完結を買ったまま放置していたのでこの機会に読了。え、なにそれ、行動原理がわからない・・・のだけれどまぁ面白い。後ろ暗い話を後ろ暗い話として終わらせたところが偉い。キチガイの考えることはキチガイすぎてわからん、というのと、人の尻馬に乗る連中は何の考えもなく何者でもないのに何者かであるように振る舞いがちというのは、真理。まぁ何者も、何者かではないので、自分は一角の人物であるのか、と考え始める時点でそもそもダメなんだろうけど。ところで、 この物語で編集はどんな役回りなのかしらと思って読んでいたのだけれど、これは予想外だった。
● ひらまつの中で定期的によく行くのは 代官山ASO チェレステ 日本橋店 。近所に住んでいたことと、三越伊勢丹の友の会積立が使えることが理由。かつてはデザートがイタリア料理ならではなお味だったが、だいぶ前に改善されてデザートで不満を感じることもなく、プレートは徹頭徹尾絵画的であり量も最適、見てよし食べてよしのコースを提供してくれるお店である。
今回は季節のディナー会。日程は決まっているが来場時間は自由に選べるという形式の会である。予約時に内容は分からないがそれはまぁおまかせということで、8,000円という値付けはリーズナブル。ドリンクは別なので最初はスパークリングで乾杯しつつボトルワインを入れる。チーズも食して二人で3万オーバーだが株主優待で3万円弱。それを百貨店積立で支払うので得をした気になっているのだが、まぁ錯覚ですわな・・・。とはいえこういう使い方を想定しているのであれば、株を買い持ち商品券積立をするのは理にかなっているのである。



search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM