【オススメ】 吾平/お惣菜屋とOL


お惣菜屋とOL 1 (リラクトコミックス)

■【オススメ】 ぞんざいなタイトルだが、最近はこの手の題名の もののほうが面白い作品が多いかも。

オフィスで人気の女子社員、でも彼女のその 自覚はあまりなし。同僚の男性社員にランチを誘われても、 中食なので、と断りつつ、「声かけて下さってありがとう ございました!」と返すような非常に良い子。 そんな彼女が昼にいつも急いで出かけるのは、 惣菜屋へ行くため。そこにいけば、店主の田島さんに会えるから。


社員証をきっちり出してアピール、 名前も覚えてもらって一歩前進、という 可愛らしいお話。題名通りの 関係の二人を描くものだが、 もちろんこの二人だけでは 話が進展する可能性がほぼないので、 動いてくれる脇役や設定を用意している。


同郷の幼馴染兼会社の先輩、という便利な役回り をぶちこんでいるのは大正解。彼女が姉御肌で 二人の関係を「おままごとみたい」と言いつつも、 いろいろと誂えてくれる。それでいてお酒は ヒロインのほうが強くてざる、という設定も 絶妙。


ロマンスグレーのおじさまである 惣菜屋さんの魅力はヒロインだけでなく 社内の別の女子社員も気づいている、 的展開で煽りつつ、 それはあくまでヒロインがより接近しようと するための仕掛けにとどめているのも 上手い。そうそう、序盤では物語が 転がることが重要で、転がり始める前には 邪魔をする人物はまだ 要らない。なので、この出し入れがたぶん正解。


実は惣菜屋さん以前に一度二人は会っている、 というエピソードもあるらしいところも ドラマチック。幼馴染が開拓した新しいお店が 脱サラ組で実は惣菜屋さんと上司部下の 関係だったという設定で更に二人の距離を 詰めたところで、ヒロインの昔の彼が登場、 という流れは鉄板。


大人の少女マンガ、というより、周囲の人物は 大人の目線で見守る中でヒロインだけ 少女のまま意識全開、という、ストーリーものより 4コママンガでありそうな設定なのだが、 その分読み手がちとこそばゆい感じはしつつも くふくふと楽しくなる内容に仕上がっている。 ヒロインを慈しむような眼差しで読むマンガ。 ・・・まぁ惣菜屋さんのほうに自己投影して読むってのでも よろしいとは思いますが。


【データ】
吾平(ごへい)
お惣菜屋とOL
【発行元/発売元】フロンティアワークス 【レーベル】Liluct Comics Hugピクシブシリーズ 【発行日】2017(平成29)年1月20日初版発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→お惣菜屋とOL 1 (リラクトコミックス)

【じれったい系年の差25歳ラブ】平凡なOL・楪の毎日の楽しみは、近所の美味しいお惣菜屋さんでランチを買うこと、それから、店主の田島さんに会うこと。大好きな彼のことをもっと知りたい、その気持ちは日々高まるばかり。彼のふとした反応や笑顔にドキドキしっぱなしで……?ちょっとずつ前進していくじれったい恋に胸キュン&共感100%ラブ!


■当サイトの月間オススメはこちらから


search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM