sora tob sakana 定期公演〜月面の遊覧船〜 79匹目_20200524

ライブ鑑賞記事です。

音羽さおり/青色ピンポン


青色ピンポン(1) (講談社コミックス) (amazon), 青色ピンポン (honto)

■王道の運動部ものに難病ものを混ぜるが、主人公の 病気の設定は独特で上手い。

姉にこき使われる弟は今度入学する高校を見学することに。 そこで卓球部の練習風景に魅せられ、入部を決める。


王道のスポーツもの。才能と努力で皆が切磋琢磨し成長していく話。 あんまりテクニカルな感じはせず、バストアップの絵が多いのだが、 話運びのスピードが適切なのでするっと読める。


部内での代表決定戦に入っていくが、主人公は 自分のことに精一杯で他の部員や力関係をよく知らない、 とする設定は上手い。


なお主人公は難病にかかっているとの設定も。これが記憶を失う設定で、 なので全部忘れても残るものが欲しい、身体に刻み込ませたい、という一心で 技術を身に着けようとしているのは、この手の病気ものの設定として なかなか秀逸。


ところでこのペンネームで他社で描けるの?(ダメってことはなかろうが)


【データ】
音羽さおり
青色ピンポン
【発行元/発売元】 講談社 (2020/5/15) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 青色ピンポン(1) (講談社コミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 青色ピンポン , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto

その春、久々守秋人は高校入学を控えた15歳だった。 徐々に記憶を失っていく病におかされた秋人は、理心高校の2年生・夏目遥と、彼の身体に刻み込まれた“卓球”に出会った。 「美しいと思った」「どうしても欲しいものができた」…。だって、脳がすべてを失っても、肉体は“それ”を忘れない。だから、これは。 すべてを懸けるに値する出会いだった━━。 決して忘れ得ぬものを手に入れるため、初心者・秋人の挑戦がはじまる。


■当サイトの月間オススメはこちらから

第81回優駿牝馬(オークス)(G機法楙祿俺チ_20200524

競馬関連記事です。

吉良いと/ようこそ亡霊葬儀屋さん


ようこそ亡霊葬儀屋さん 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) (amazon), ようこそ亡霊葬儀屋さん (honto)

■幽霊が視える葬儀屋さんのお話。

28歳の若き葬儀社社長。彼は、葬儀で送り出す故人の幽霊を見ることができるのだった。


幽霊の世界では、最後の願いを叶える葬儀屋がいる、として有名だと。霊が見え、会話もできる彼は、残された人のために、故人の思いを伝えようとする。そんな人情ものである。


話としてはオーソドックス。ある種の異文化というか異次元コミュニケーションの翻訳もの。 彼の葬儀を経験して、彼のもとで働きたい、と志願する遺族が次々と登場する展開は面白い。最初の一人はありがちだが、それ以上に増えていくとは。


基本的には良い話だが、社長の周りに彼の能力を信じている者がおらず 邪険にされてもいる、という設定はよくわからない。先代の会社を継いだ子供なのか、 と思ったが、メディアでもよく取り上げられているモデル兼会社経営者という兄がいる。 兄の会社もメインは冠婚葬祭、そして兄自身も霊が見える。ただしそれを現世で生きる人に 心地のよい部分だけを切り取って捻じ曲げて伝えているため、 弟である主人公は兄と縁を切っているのだと。…なんだその設定…。


小さな葬儀屋の話として仕立てていたら気にならなかった部分が 中途半端に大きく風呂敷広げたためにちょいちょい引っかかる。


【データ】
吉良いと
ようこそ亡霊葬儀屋さん
【発行元/発売元】 集英社 (2020/5/13) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ ようこそ亡霊葬儀屋さん 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ ようこそ亡霊葬儀屋さん , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
死者の魂をその瞳で捉え彼らの悲しみや後悔、そして残された人々にそっと寄り添う男がいた。これは、最期の願いを託された彼が営むある葬儀屋での物語。


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 大沢俊太郎/サイキックス


サイキックス 第1巻 サイキックス【合冊版】 (コミックオーズ!) (amazon), サイキックス (honto)

■【オススメ】古風な劇画調の超能力者物語。この 古風な感じが一周回って寧ろ良い。

両親に崖から突き落とされた兄妹。九死に一生を得たが、両親は逮捕、 妹は里親が見つかり引き取られたが、兄は施設へ。それから7年…。 という話だが、その後出てくる人物がその兄というわけではない様子。 そもそも冒頭にはまた別の場面がインサートされており、 この辺はトリッキーな作り。


その後は、集団に絡まれ、というか組織に入れとスカウトされている少年の話に。 命令されるのは大嫌いだ、と断る彼に連中が手を出すが、 見開きの大ゴマを使って見せるその攻撃は、発火能力。 少年はその能力を普通に受け入れ、瞬間移動で避ける。 つまりは超能力者同士の対決が展開される。まぁ、題名からしてそのまんまではあるが。


様々な能力を持つ異能者で、しかしどこにも所属せず、野良の状態で ある少年は民間軍事会社に執拗にスカウトされる。 それを断るたびにバトルが繰り広げられることになる。 そんな彼が、別の少年に出会う。彼がおそらく冒頭の兄の7年後。 同じような境遇の少年にシンパシーを感じ、そして この少年もまた超能力を持つことを見抜き、覚醒させる。


話はオーソドックス。絵も古風。これは今連載されている ものなのか?昔のものなのでは…と一瞬訝しむくらいだが、 この雰囲気が本作にはハマっている。 ほぼ背景がなく、バストアップ以上が多い、というのは 掲載媒体や執筆の都合などもあるのだろうが、 時代性をあまり感じさせない点で、 同時代性はない反面、ストックビジネスとして上手い手なのかもしれない。


【データ】
大沢俊太郎
サイキックス
【発行元/発売元】 フェアベル (2020/5/15) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ サイキックス 第1巻 サイキックス【合冊版】 (コミックオーズ!) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ サイキックス , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
電子先行連載!「超能力者(サイキック)」たちの地獄のサバイバルバトル第1巻!!親に捨てられ生き別れの妹を探す優太。人を傷つけることを恐れる優太は酷いイジメにも抵抗できないでいた。そんなある日、転校生の伊達と出会う。そして、衝撃的な「能力」の存在を知る…!?「ボクも強くなれるのかな…?」大切な人を守れる力を持つべく優太は立ち上がる―!!【サイキックス『オーズ連載』1〜5話収録】


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 大沢俊太郎/ゴタ消し 示談交渉人 白井虎次郎

■当サイトの月間オススメはこちらから

2020年音楽ライブ観賞記まとめ

2019年も記事にしてますが 2020年も見に行った音楽ライブを列記します。 年間100本目標なので年末に作業始めると大変なので随時更新ということで。◎は中でも気に入ったライブ。※開催中止・延期は既にチケットを購入していたライブについてのみ記しています※

2019年音楽ライブ観賞記まとめ
2018年音楽ライブ観賞記まとめ
2017年音楽ライブ観賞記まとめ
2016年音楽ライブ観賞記まとめ
2015年音楽ライブ観賞記まとめ

第27回 平安ステークス(G掘法楙祿俺チ_20200523

競馬関連記事です。
続きを読む >>

| 1/1321PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile



チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM