2018-10-17_コミック新刊



●2018年10月17日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 講談社 月刊少年マガジンコミックス ましろのおと(21) (講談社コミックス月刊マガジン) 羅川真里茂 → 羅川真里茂/ましろのおと

★(電子版同発) 講談社 月刊少年マガジンコミックス さよなら私のクラマー(7) (講談社コミックス月刊マガジン) 新川直司 → 【オススメ】 新川直司/さよなら私のクラマー

★(電子版同発) 講談社 講談社コミックス ヒットマン(1) (講談社コミックス) 瀬尾公治

★(電子版同発) 講談社 講談社コミックス 夜になると僕は(1) (週刊少年マガジンコミックス) 一×/益子悠

★(電子版同発) 竹書房 バンブーコミックス 超人類6 Re-Animator (1) (バンブーコミックス) 鹿賀ミツル

ぶんか社 ぶんか社コミックス 艶話酒場オタクバー (1) (ぶんか社コミックス) 花見沢Q太郎/雷門風太


2018-10-16_コミック新刊



●2018年10月16日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 秋田書店 A.L.C.DX 花束をもう一度 1 (A.L.C. DX) ancou

★(電子版同発) 秋田書店 ボニータ・コミックス 大阪環状結界都市 1 (ボニータ・コミックス) 白井弓子

☆(電子版10/23) 芳文社 芳文社コミックス のうぎょうカレッジ 1 (芳文社コミックス) 風町ふく

☆(電子版11/6) 芳文社 芳文社コミックス 龍神さまとくらしたら 1 (芳文社コミックス) 風町ふく

☆(電子版10/23) 芳文社 芳文社コミックス 本屋のぐち 1 (芳文社コミックス) 梅眉よつを


2018-10-15_コミック新刊



●2018年10月15日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

☆(電子版同発同額) 竹書房 近代麻雀コミックス 牌人ゲーム (1) (近代麻雀コミックス) 木乃ひのき

★(電子版同発) 双葉社 アクションコミックス/(月刊アクション) 君になれ(1) (1) (アクションコミックス) 高野苺


【オススメ】 金田一蓮十郎/NとS


NとS(1) (KC デザート)

■【オススメ】付き合い始めた二人は、漫画家とカフェのバリスタ、 のはずだったのに、彼女が通う学校で生徒と担任教師として 出会ってしまう。

カフェの常連さんは漫画家。自分の淹れたコーヒーを 美味しいと飲んでくれる彼に惹かれて、おじさんの 手伝いをしていたバリスタは付き合うことになる。


彼女は実は高校生。そして、漫画家だけでは まだ食べていけないという彼の仕事は、教師。 彼女の通う学校に彼は担任として赴任してくるのだった。


安定の出来栄えの金田一蓮十郎作品。 彼氏側の対応は面白かったが、本筋は、 一緒になってはいけない二人が別れる、なかったことにする 話。しかし、それでもN極とS極のように、離れても くっついてしまうという、皮肉でもあり運命でもあるという。 名前もNとSにそろえて、 木下新菜(にいな)と小田朔(さく)。


惹かれ合いながら策を講じて離れようとするのだが、 所詮学校という狭いなか、コントのような状況に なってしまう。まぁ既に高校2年、あと 2年ぽっちの話ではあるのだけれど。 珍しくないテーマではあるが、 そもそも付き合っていた二人が教師と生徒に、 という設定はユニーク。


【データ】
金田一蓮十郎 (きんだいちれんじゅうろう)
NとS
【発行元/発売元】講談社 (2018/10/12) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ NとS(1) (KC デザート)
木下新菜はある日、バイト先のカフェの常連客だった小田朔に珈琲を褒められたのをきっかけに恋に落ちてしまう。2人は少しずつ親しくなっていき、晴れて恋人同士に。初めてできた彼氏に幸せいっぱいな新菜だけど、高2の春、小田さんが担任として目の前に現れちゃって……!!? 先生と生徒、はなれてもくっついちゃう引力ラブコメ開幕! 累計160万部越え(紙+電子)『ライアー×ライアー』の金田一蓮十郎最新作。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 金田一蓮十郎、芋Uto/モーメント
【オススメ】 金田一蓮十郎/ゆうべはお楽しみでしたね
【オススメ】 金田一蓮十郎/チキンパーティー
【オススメ】 金田一蓮十郎/ラララ
【オススメ】 金田一蓮十郎/あるみちゃんの学習帳
【オススメ】 金田一蓮十郎/ライアー×ライアー
【オススメ】 金田一蓮十郎/ニコイチ

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 川端志季/世界で一番早い春


世界で一番早い春(1) (KC KISS)

■【オススメ】先輩の遺した設定ノートでマンガを描いてきた 女性。ネタが枯渇した彼女は絶望の後、ふと気づくと、その 先輩が生きていた高校時代にタイムスリップしていた。

大ヒット作品を世に出した漫画家。しかし彼女は編集者に、 私がつくった作品ではない、との手紙を送る。実際、その作品は 高校時代の部活の先輩が遺した設定ノートを元にした ものだった。自分では一から作品はつくれない、 少なくともこんな面白い作品は、と思う彼女は、ふと 転んだ瞬間に、高校の頃にタイムスリップしていた。


持病があり余命が短い先輩と生存時に再会したヒロインは、 大人となりプロの漫画家となった実力と経験を持ちながらの 高校生活となるので、過去をトレースするだけでなく 力技で変えていく。その根本は、自分のデビューを見ずになくなった 先輩にきちんとデビュー作の誌面を見せたかったから、 という思い。


ヒロインの勢いと思い込みで一気に見せるが、よくよく 考えれば現在のヒロインの立ち位置に関しては全く 関係なく展開されるタイムスリップ。そして、 バタフライ・エフェクトにより最初の人生とは異なる タイム・パラドックスが発生。そのうえで、 更なるループに入るという、リプレイ状態。


なぜこんなタイムスリップが起こるのか、 その出口はどこにあるのか、というとヒロイン自身の 自信というか問題と繋がってくるのだろう、 一巻はまだそこまでの話にならないまま終わっているのだが、 その序奏部分を面白く見せるのは著者の腕。 本題は続刊だろう、ということで今後の展開に期待大。


【データ】
川端志季
世界で一番早い春
【発行元/発売元】講談社 (2018/10/12) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 世界で一番早い春(1) (KC KISS)
晴田真帆は大ヒット作を完結させた26歳の漫画家。いよいよ新連載を始めるはずが、突然、担当編集の嵐に「何も描けない」と告白する手紙を送る。実は真帆が描いてきた漫画には秘密があり、彼女の心には「ある後悔」が残っていた…!!もしもあの時をやり直せるなら……。その想いが全てを変える、タイムスリップストーリー!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 川端志季/僕のオリオン
【オススメ】 川端志季/箱庭のソレイユ
【オススメ】 川端志季/宇宙を駆けるよだか

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 ゆずチリ/漫画学科のない大学


漫画学科のない大学 (1) (サンデーうぇぶりSSCS)

■【オススメ】 上手いのか雑なのかわかりづらい話運びだが、 これでこの後マンガテクニック話になるのなら 異色作になると思う。

主人公は東大に合格するが、本人は、 東大は入りさえすれば後は好きにしていい、と思っており、 勉強をするつもりもなく就活するつもりもない。 彼はいち早く漫画家になることだけを考えているのだった。


そんな彼を主人公として話を展開させる上で、 本作は脳内彼女を具現化することで女っ気とバディものとを 勝手に両立させる。マンガを描くためサークルには入るので、 大学に行く意味はなしではない。


本作が面白いのは、本気でマンガで食っていこうとする人が、 理論立ててマンガに向かおうとしているところ。 がむしゃらな話ではなく、おちゃらけで逃げるわけでもない。 新人賞の応募作は、受験と同じだ、判定ランクと 自己採点が両者では似ている、という観点。 マンガは読みやすさが重要だという話と、 それでも読者を惹きつけるのは絵だという話。 新人にはすごそう感が大事だという話。 その続きは持ち越されてしまうので、 2巻が出るのが待ち遠しい。


巻末のコマ割りの話など、こういうテクニカルな 話を突き詰めて描いてもらえると現代のマンガ読本に なるのだが、そこだけに特化していないからこそ 読み物に仕上がっているので、この路線で続いてほしいところ。


【データ】
ゆずチリ
漫画学科のない大学
【初出情報】サンデーうぇぶり(2016年〜2017年)ゲッサン(2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2018/10/12) ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→漫画学科のない大学 (1) (サンデーうぇぶりSSCS)
実録!東大生…漫画家を目指す!
春―――見事に最難関・東京大学に合格した男、くずチリ。 彼の将来の夢は、官僚になることでも、大企業に就職する事でもない。 彼の野望はなんと……「漫画家になる」こと!?!?


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 ゆずチリ/忍者シノブさんの純情

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 金田一蓮十郎、芋Uto/モーメント


モーメント (KC デザート)

■【オススメ】非常に可愛い、学校舞台の 青春物語、3編。

下駄箱に手紙を入れられていた男子高校生。 送り主は見た目も存在も派手な女の子だというが、 彼は全く知らない。そんな相手から何? と思ったが、内容は暗号文だった。 ミステリ好きの血が騒ぎ、彼は答えを解明しょうとする。


そんな洒落た話から始まる本作は、 同じ学校を舞台にしたエピソード3編からなる 連作もの。出会いのきっかけから描き、 その可愛らしい展開は、ほのぼのとしつつ、 引き込まれる。シチュエーションの 設定がとても良い。


これを姉妹共作で作っているというのは面白い。 金田一蓮十郎作品が好きな人は違和感なく 普通に楽しめると思う。それがいいことなのか どうかはわからないが、作品の出来が良いのは確か。


【データ】
原作・漫画・漫画原作=金田一蓮十郎(きんだいちれんじゅうろう)、 イラスト・漫画・漫画原作=芋Uto (いもうと)
モーメント
【発行元/発売元】講談社 (2018/10/12) ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→ モーメント (KC デザート)
金田一蓮十郎が初原作で実妹芋Utoとコラボ! ありえないと思っていた相手と恋に落ちる3つの短編読み切り集が登場です。謎の暗号を解いたら中身が×××××だった『たとえばこんなミステリー』、超〜鈍感すぎるコワモテバレー部男子とのスローラブ『鋼のボーイフレンド』、雨が降るたびに、普段話さない幼なじみと相合い傘をすることになる『呪いの傘』。まさか、君を好きになるなんて…な恋を集めたピュアきゅん短編集です。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 金田一蓮十郎/ゆうべはお楽しみでしたね
【オススメ】 金田一蓮十郎/チキンパーティー
【オススメ】 金田一蓮十郎/ラララ
【オススメ】 金田一蓮十郎/あるみちゃんの学習帳
【オススメ】 金田一蓮十郎/ライアー×ライアー
【オススメ】 金田一蓮十郎/ニコイチ

■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/1266PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM