2017-11-20_上白石萌音、ドラえもん展



●2017年11月20日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 秋田書店 ヤングチャンピオン・コミックス たば子ちゃん 1 (ヤングチャンピオンコミックス) ひみつ

秋田書店 チャンピオンREDコミックス バットマン アンド ジャスティスリーグ(1)(チャンピオンREDコミックス) DC COMICS/手代木史織

★(電子版同発) 秋田書店 チャンピオンREDコミックス 科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌 1 (チャンピオンREDコミックス) KAKERU

★(電子版同発) 講談社 ヤングマガジンKC 保険加入者に告ぐ。(1) (ヤンマガKCスペシャル) 渡辺悠/田丸哲二

★(電子版同発) 講談社 ヤングマガジンKC ゼウスの手(1) (ヤンマガKCスペシャル) 花月仁

★(電子版同発) 講談社 ヤングマガジンKC 小林少年と不逞の怪人(1) (ヤングマガジンコミックス) 上条明峰

★(電子版同発) 日本文芸社 ニチブン・コミックス マトリズム ( 1) (ニチブンコミックス) 鈴木マサカズ

★(電子版同発) 日本文芸社 ニチブン・コミックス フシダラ~妻が不倫をする理由~ ( 1) (ニチブンコミックス) LINDA


and...
上白石萌音 LIVE TOUR 2017「and…」 @マイナビBLITZ赤坂 ¥4,500 短評:力強いヴォーカル!次回も行きたい。

■主催・企画:東宝芸能株式会社 ■制作:株式会社ポニーキャニオン ■運営協力:SOGO TOKYO

マイナビの名が冠されてから初のブリッツ。場内はパイプ椅子配置。おかげでロッカー代が浮きました。

ライブの印象は、饒舌。MCも多いし喋るし、まあ頭いいんだなって感じだけれど、歌も饒舌。表現豊かっていうか、ボーカルがお喋り。声通るし、どんなスタイルの歌もいける。外見はふわっとした印象だが歌はパワフル。

「Woman」のカバーもしていたけれど薬師丸ひろ子的な透明感もあるかなあ、と思いつつ、カバーを聴くと原曲に寄せてくタイプの様子。個人的には斉藤由貴あたりのカバーをどうこなすか聞いてみたいところ。

自分の聞いてきた範疇では、上白石さんは坂本真綾さんと同じカテゴリに入れることにしました。声も歌唱もかなり好み。ビルボードライブとかで見たい。客層みたら、行けそうな気がする。

武藤彩未ちゃんもこんな方向でやればよかったのかもね。まあ上白石萌音ちゃんの場合は『君の名は。』っていう大きなジャンプ台あるので出来ることかもしれないが。

それと。専門学校生と組むってのは、面白いアイデアだと思った。ステージ上の平均年齢が20.7歳ってのもなかなかなもの。同世代でやったほうがいい場合もある。ただ彼女の場合、ベテランと組んだ方がより味が出そうな気はします。



THE ドラえもん展 TOKYO 2017 @森アーツセンターギャラリー  ¥2,400

フィギュア付きのチケットが前売りで販売されていたので購入。当日券がいくらかは知らない。アーティストが「ドラえもん」をテーマに色々創作する、という内容で、まぁ、アートのつまらなさを実感しにいくイベントです、たぶん。「ふーん」という感想の代物が大半。「なるほど」がちょっとある。

今回凄かったのは、 クワクボリョウタ 氏の作品で、インスタレーションなのだが、模型と光源による投影を使った、 動く影絵のようなもの。都市を映し出していくスタイルで、見終わった人から「おおーっ」と声が上がっていた。でも、ドラえもんあんまり関係ない。

ドラえもん、というテーマに沿った中では、 やはり、しりあがり寿氏のアニメ作品だろうか。 シュールなギャグ。尺の関係で窮屈な仕上がりになっていたのが、 アート展の限界か。正直、WEBで見せりゃいいんだよな、 映像作品なんて。と身も蓋もないことを思いもした。

あ、蜷川実花氏の作品は素晴らしいアイディアなんだけれど、 ドラえもんとデートって、それ使い回しだよね。それと、 写真集で見るにはいいが、ポートレートで見るテーマではないと思った。

売店で マグカップ買おうとして 中身確認をしたら、 飲み口がガタガタしていたり、 釉薬の垂れがあってボコボコしていたり したので購入をやめた。 まあミュージアムショップの売り物なんて 所詮こんなものかなぁ、とは思うが。 高くてあんまり質も良くない。まぁ期間限定イベントの スーベニアショップだからね。買わなきゃいいってことかね。


【オススメ】 ひかわきょうこ/魔法にかかった新学期


魔法にかかった新学期 1 (花とゆめCOMICS)

■【オススメ】12年ぶりの新作って、どうなんだろう? と絵柄も含めて思っていたのだが、読んでいてここまで 読者を作品世界に引きずり込んでくる転がし方は「上手い!」の 一言、没頭しました。

霊的に良くない土地と言われている場所。そこに引っ越してきた 一家の娘がまず第一の主人公。この展開なので当然彼女はなんとなしか 霊を感じる。そして、彼女はむかし隣に住んでいた男の子を見かける。 彼は教師として、彼女が転校してきた学校に勤務することになっていたのだった。


人の良さそうなヒロインに、同級生に、 幼馴染の先生とを用意し、ガチャガチャで買った埴輪 で繋ぐという設定。そのはにわがよくよく調べてみると どうも見たことのない形、しかも勝手に動き出す、 というオカルト話。さてどこへ、というところで、 こっくりさんを始めた生徒たちがおり、しかも取り憑かれたようで 雰囲気がおかしい、それをオカルト研究部の部長が対応しに行ったところで ガチャガチャの埴輪とともに5人は異世界に飛ばされてしまう。


ふと気がつくと学校の中で他の人がいなくなり、 外に出られない状態で閉じ込められる、という形のパラレルワールドもの。 霊というか化け物のようなものも出て来るが、それらのせいではなく、 どうも自分たちと同じような立場であるらしい、 というのがミソ。そうした化け物に追われつつ、ハニワがどうやら 手助けしてくれる。このハニワがなかなかお茶目でチャーミング。 ただし、ハニワの念は何となく伝わってはくるが、 会話ができるわけではない。ハードルの設定が見事。


神代文字のラシテ文献を、偽書ではなくて寧ろ古代から使われていた文字であり 神話の元本なのではないか、という仮説をもとに 話は転がされていく。ただ先生も含めてその辺の知識が特に 豊富なわけではない、というのは、話の速度は遅くなるものの、 読者は置いてきぼりにされない仕組みで、 おかげで読み手が登場人物に並走して物語世界に没入しやすくなっている。


不条理ものや異世界トリップというよりも閉鎖空間に閉じ込められた系の話で、 元の世界に抜け出すための正解はハニワが持っていそうだが、 登場人物はその正解を知らない、という設計。 その点でパズルゲームに近いが、そうした正解のある話を 面白く描くのに最適の仕掛けがなされているのが本作である。


【データ】
ひかわきょうこ
魔法にかかった新学期
【発行元/発売元】白泉社 (2017/11/2) 【レーベル】花とゆめコミックス 【発行日】2017(平成29)年11月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★★
■購入:
amazon→ 魔法にかかった新学期 1 (花とゆめCOMICS)
ひかわきょうこ、12年ぶりの完全新作! 次元を超えるスクールファンタジー! 幼馴染みと再会した高校で、不思議な出来事に巻き込まれて…!?


■当サイトの著者他作品レビュー
ひかわきょうこ/お伽もよう綾にしき

■当サイトの月間オススメはこちらから

猪ノ谷言葉/ランウェイで笑って


ランウェイで笑って(1) (週刊少年マガジンコミックス)

■身長が足りないがスーパーモデルを目指す話から、 途中でデザイナー志望の子をメインに据えたのは正解。

モデル事務所の社長の娘、ルックスもよく身長もこのまま すくすく伸びてモデルとしてランウェイを歩くのだろう、 と自他ともに思っていたがそこで背が止まってしまった。 でもヒロインは、自分はパリコレに出るんだ、という夢を諦めていない。


という、で、どうすんの?という夢と現実の食い違い話。 モデルってなんで背が高くなきゃいけないの、と思うが、 まぁリアルな世界で衣装が映えるってことなんだ、 というのは作中でも出てはくる。 とはいえモデルはパリコレだけではないしランウェイ歩くばかりではない、 ヒロインがそこにさえ拘らなければ自分の素質や才能を活かす場所は ある。なのに意地でもこだわる、という不幸な話である。


出口がないからか、そこは主役をダブルで用意、学校の同級生に 服を作ることが好きな男子を配置し、彼の話にシフトする。 しかし、家庭の問題で進学は難しい。でもデザイナーは大学なり 専門学校なりを出ていることが要求される。ということで 彼にも障害が立ちはだかる。とはいえ、身長、というどうにもならないこととは 違うので、ヒロインよりも彼をメインに押し出してきたのは正しい。


ただし、その後の展開は漫画チック。漫画なので仕方ない、 というには綺麗な絵で勿体無い。そもそも、どんな障害も乗り越えられないことはない、とするのは間違ったメッセージである。誰にでも輝ける場所がある、 という方向にするのが良いと思うのだが・・・。 著者と編集者とが何を描きたくて作っているのか、 物語の設計自体に不安を感じる作品である。続刊発売済→ ランウェイで笑って(2) (週刊少年マガジンコミックス)


【データ】
猪ノ谷言葉 (いのやことば)
ランウェイで笑って
【発行元/発売元】講談社 (2017/9/15) 【発行日】2017(平成29)年9月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ ランウェイで笑って(1) (週刊少年マガジンコミックス)
身長は、158cmから伸びなかった・・・。藤戸千雪の夢は「パリ・コレ」モデル。モデルとして致命的な低身長ゆえに、周囲は「諦めろ」と言うが、千雪は折れない。そんなとき、千雪はクラスの貧乏男子・都村育人の諦めきれない夢「ファッションデザイナー」を「無理でしょ」と切ってしまい・・・!?「叶わない」宣告をされても、それでも一途に夢を追って走る2人の物語。

■当サイトの月間オススメはこちらから

2017-11-17


●2017年11月17日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 講談社 月刊マガジンKC ましろのおと(19) (月刊少年マガジンコミックス) 羅川真里茂 → 羅川真里茂/ましろのおと

★(電子版同発) 講談社 月刊マガジンKC ヨウコさんはカッコいい(1) (講談社コミックス月刊マガジン) 榎本さく

★(電子版同発) 講談社 マガジンエッジKC 突姉っ!(1) (マガジンエッジKC) 児玉潤

★(電子版同発) 講談社 マガジンエッジKC あまちんは自称♂(1) (マガジンエッジKC) 寺井赤音

★(電子版同発) 集英社 愛蔵版コミックス 毒家脱出日記~親が苦手じゃダメですか?~ 1 (愛蔵版コミックス) 春キャベツ

集英社 ヤングジャンプコミックス こううんりゅうすい<徐福> 1 (ヤングジャンプコミックス) 本宮ひろ志

★(電子版同発) 集英社 ヤングジャンプコミックス 透明人間の骨 1 (ヤングジャンプコミックス) 荻野純

☆(電子版12/19) 集英社 ヤングジャンプコミックス 凛とチア。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 山田シロ彦

【読んだ本】

銀のスプーン(17) (KCデラックス Kiss)  
最終巻。amazonのレビューで星ひとつだったので何か納得行かない結末だったのかと思ったら、「銀の匙」と間違えて買っちゃった、って、作品と関係ないし読んでもないしそもそもこっちのほうが先だろう、これだからCGMは役に立たないどころか有害だと思う次第。素人の意見は概ね役に立たないが、そういう意味ではうちのブログもそうだし、プロが役に立つかって言うと、まぁそうでもないので、他人の意見は聞かなくていいんじゃね、というのが結論ですかね。じゃあこのブログもいらないね、と言われれば、実際いらないんじゃね、と思うわけですが。そろそろ辞めどきかね、気力も失せたし、と思いつつ、面白い漫画は面白いし、そういう漫画は結構ごろごろ転がっているので、そんな作品を紹介するためにこのブログはたらたらと続けていきますのでよろしくおねがいします。

シンガロン・シンガソン(初回生産限定盤A)(Blu-ray Disc付) エビ中ニューシングルは業界紙2位のようだが1位はジャニーズだかなのでまぁ致し方なし、セールス7万枚は何をつけているのか知らないがももクロちゃんより売れている。で、年始のぁぃぁぃ最終日のライブについて先行予約を申し込むも公式WEBサイトに続きプレイガイド先行も落選。まぁそうだよね。

全知全能 安室ちゃんのアルバムはたぶん世の中で最後だろう初動ミリオンということで当然業界紙1位の様子。ただし今週2位で3万枚の米津玄師は先週は16万だかで累計20万ほど売れていて、いや、凄い人気なのね。でもってポルカドットスティングレイが業界紙5位とか6位とか。ライブ先行予約ができるので買ったのだが、こちらのチケットも落選!まじか。うーん。まぁお金節約できた、と考えて諦めるか。

植芝理一/大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック


大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック(1) (アフタヌーンコミックス)

■父親の過去がフラッシュバック、 若き頃の母親との日々が現前に展開される 少年、というマニアックな設定の話。

高校生の少年が夢に白昼夢に見るのは、 女子高生。しかし彼女は今おなじ学校にいるわけではない。 そして彼女が誰かを彼はわかっている。 それは、昔の母親。彼の中には 亡き父親の記憶が入り込んでいて、 そのフラッシュバックを彼に見せているのだった。


他人の記憶が見える、というサスペンスにもなりそうな 設定で展開するコメディ。しかも、それが母親に 恋していた亡き父親の記憶で、それがゆえに 少年は母親に恋してしまっているような状態になっている、 というマザコン通り越したラブコメである。


まぁ気持ち悪いというか居心地の悪さのある設定で、 マニアックというか悪趣味というか。 これを成人向けマンガとしてではなく、 一般マンガとして転がしているところが なんとも人が悪い。


報われぬ感情に囚われている かわいそうな主人公の話ではあるのだが、 一応出口は用意されていて、 同じ学校で彼のことを気にかけている 少女が登場してはいる。 その少女は漫研所属だが、 主人公の母親は漫画家で、 主人公の通う学校は母親の母校でもある、 という絡ませ方で、まぁ、 この少女と接近するために父親の記憶があったのだ、 的な話に・・・はあんまり見えないが、 その辺に持っていくしか話の落とし所はないだろう。


いや、成人マンガ的な展開になるなら それはカルトな作品となるだろうが、 それはさすがにねぇ・・・。


【データ】
植芝理一 (うえしばりいち)
大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック
【発行元/発売元】講談社 (2017/10/23) 【レーベル】アフタヌーンKC 【発行日】2017(平成29)年10月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック(1) (アフタヌーンコミックス)
僕は鈴木実(すずきみのる)、16歳。誰にも言えない悩みがあるんだ。それは、時々高校時代の母さんが見えること。どうやらそれは、死んだ父さんの記憶がフラッシュ・バックしてるみたいだ。父さんの想いも混じってるせいか、僕は母さんのことを──。 このやり場のない感情をどうしたらいいんだ! というわけで、僕は煩悶の毎日を送っています……。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 植芝理一/謎の彼女X

■当サイトの月間オススメはこちらから

2017-11-16


●2017年11月16日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 秋田書店 プリンセス・コミックス プチプリ 恋しさあまってキスを100倍 1 (プリンセス・コミックス・プチ・プリ) 仲垣友恵

★(電子版同発) 秋田書店 ボニータ・コミックス 妖しの森の幻夜舘 1 (ボニータコミックス) 高階良子

★(電子版同発) 秋田書店 ボニータ・コミックス KEY JACK DEADLOCK 1 (ボニータコミックス) 潮見知佳


2017-11-15


●2017年11月15日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

☆(電子版同発同額) KADOKAWA ハルタコミックス みくまりの谷深 1巻 (HARTA COMIX)(2) 小川幸辰

★(電子版同発) LINE発行/日販アイ・ピー・エス発売 LINEコミックス ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画 1巻 (LINEコミックス) インカ帝国

★(電子版同発) フレックスコミックス発行/ほるぷ出版発売 ポラリスCOMICS ワンルームワンコ(1) (ポラリスCOMICS) 正田しろくま

★(電子版同発) マッグガーデン アヴァルスコミックス オオマガトキ 1 (マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ) 冬青佳子


| 1/1213PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM