「日経エンタテインメント!スターダストプラネットSpecial」出版記念トークイベント エビもも学園 〜幕張校〜」

「日経エンタテインメント!スターダストプラネットSpecial」出版記念トークイベント エビもも学園 〜幕張校〜」 @幕張メッセ国際会議場 2Fコンベンションホール ¥2,500


スターダストプラネット公式Special Book (日経BPムック)

当日の幕張メッセ は、マジックイベントのグランプリ・千葉が展示場8、エホバの証人の千葉(1)地区大会がイベントホール、家具・インテリア・敷物大バザールが展示場1、あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour “Bright Star!"-とイベント目白押し。9-11ではAKB48握手会だったようだが これっていつも掲載されないのよね・・・。

・全5回うち最終回はメンバー出演なしのマネージャー回なので実質4回まわしというももいろクローバーZと私立恵比寿中学のジョイントトークイベント。素直なトークにすればよかったのに、それだと回せる人がいないとの判断からか、バラエティ色の強いものに。教科名がついた授業が展開される形式で、ロッカジャポニカも混ぜてあげたらよかったんじゃないか。タイトルも、ももえび学園だと以前あった企画とバッティングして権利問題が発生するのか表題のとおりに。

・スターダスト・プラネット発足に伴い所属タレントを紹介するムック本の出版記念イベントという体で、本を買った人が申し込みできる、と謳っていたが、これは、本がバンドルされたチケットが発売される、の誤りだった。それと、予約開始後に内容が発表されるタイムラグあり。まぁこれは予約期間内での発表だったので寧ろ親切だったとは思うが。シミュレーションが足りない、という興行界あるあるなダメな話だと思う。いい加減イラつくよね、客としては。ただ、本の代金が2500円でイベントも同額なのだから、ありがたいイベントではあるし、おまけのイベントなので内容を問うのは野暮なのだろう。以下、そんな野暮な話。

・行ってきたのは14時開始の音楽の授業の回。チケット申込み後に内容が発表されて、音楽ということでこれはまともな回かな、と思っていたが、そのまともな回だったことが裏目に出た。

・たぶん他の回と比べて丁寧な作りだっただろう。清水さん竹上さんいづみちゃんとゲスト3人出演。よく分からないネタを仕切るのは東京03飯塚さんも大変だろう。で、いづみちゃんは本日まさにお誕生日で全部もってく形に。いや、いづみちゃんファンなのでそれはそれで良かったし観に来たモノノフも文句はないと思うのだけれど、ももクロの見せ場はほぼなく、エビ中に至ってはほぼ空気。

・比較的かっちりきっかり進行したこの回より、ぐだぐだな他の回のほうが面白みはあったのではないか。この辺はイベント進行のジレンマではある。得したのは副担任抜擢のたこ虹堀ちゃんかな。くーちゃん頑張ってたので美味しいとこ持ってくのは良いことだと思う。

・席は前のほうだったので、かほりこ眺めてほっこりしてる分には神イベントだったが。おんなじ料金払っているのに席運に左右されるのは客としては判然としないだろう。あと、本は充実しているのはわかるが、重すぎ。ふだんネット通販で買っているので重い本持って帰るのは何年ぶりだろう。複数回参加した人は邪魔になると思うが、動員数考えたら結構な冊数がはけているってことで出版社的には優秀なイベントなのだろう。出版するにあたってのスタダの責任分をイベント企画して捌いたのかなあ、という感じはするが。

・ところで。エビ中は閉ざされた箱の中で練度高めていくタイプだと思うので、知らない人といきなり化学反応を起こす感じではない。そもそもバラエティは向いていないが、昨今の流れは飯塚さんに慣らしていってももクロとセット販売しようということなのだろうか。それはそれでベターかもしれないが、やっぱりここはメンバーが慕っている流れ星さんに登場いただくことも考えたほうがよいのかもしれない。まぁ、ももクロと混ぜるのは、姉さんがたが中途半端にこなれているので、あんまりうまくないと思ってしまっている。ただ、ももクロを分解して放り込むならありなのかも。ももクロ+エビ中でなにかしていきたいのであれば、ももクロのセット販売を解消するのが先かもしれないなぁ。

・あ、ムック本ですが、ぱらぱら見ただけですけど、内容はしっかりしているし、紙面構成も読みやすいし、良さそうですよ。冒頭のももクロ×エビ中トークも良い企画ですし。

追記:エビ中の場合、傍から見ていると、小林さんの反応が一番適切かつ面白い回答を返しているので、話をふるならぽーちゃんが良いと思うんだが。星名さんはよそ行きスイッチ切ってもらってノーガード状態だとたぶんどんなことにも反射神経と地頭のよさで最初のひとこと返してくれそう。中山さんは飛び道具、困ったときはりったんに振れ、は黄金のルール。進行は安本さんに任せつつ、どこにボール持ってくかの判断は真山さんかなぁ。柏木さんは役にはめたほうが面白い、というのはスタッフサイドの共通認識っぽいのでもうそれでMCでも演じてもらうとオチには困らなそう。


THE ドラえもん展 TOKYO 2017 @森アーツセンターギャラリー



THE ドラえもん展 TOKYO 2017 @森アーツセンターギャラリー  ¥2,400

フィギュア付きのチケットが前売りで販売されていたので購入。当日券がいくらかは知らない。アーティストが「ドラえもん」をテーマに色々創作する、という内容で、まぁ、アートのつまらなさを実感しにいくイベントです、たぶん。「ふーん」という感想の代物が大半。「なるほど」がちょっとある。

今回凄かったのは、 クワクボリョウタ 氏の作品で、インスタレーションなのだが、模型と光源による投影を使った、 動く影絵のようなもの。都市を映し出していくスタイルで、見終わった人から「おおーっ」と声が上がっていた。でも、ドラえもんあんまり関係ない。

ドラえもん、というテーマに沿った中では、 やはり、しりあがり寿氏のアニメ作品だろうか。 シュールなギャグ。尺の関係で窮屈な仕上がりになっていたのが、 アート展の限界か。正直、WEBで見せりゃいいんだよな、 映像作品なんて。と身も蓋もないことを思いもした。

あ、蜷川実花氏の作品は素晴らしいアイディアなんだけれど、 ドラえもんとデートって、それ使い回しだよね。それと、 写真集で見るにはいいが、ポートレートで見るテーマではないと思った。

売店で マグカップ買おうとして 中身確認をしたら、 飲み口がガタガタしていたり、 釉薬の垂れがあってボコボコしていたり したので購入をやめた。 まあミュージアムショップの売り物なんて 所詮こんなものかなぁ、とは思うが。 高くてあんまり質も良くない。まぁ期間限定イベントの スーベニアショップだからね。買わなきゃいいってことかね。


アートアクアリウム2017日本橋「乙姫/花魁ナイト」

アートアクアリウム2017日本橋「乙姫/花魁ナイト」
アートアクアリウム2017「芸妓・舞妓ナイト」 につづいての観賞。展示内容は変わらないので イベント次第なわけだが。登場するのは大衆演劇の 劇団の女形。竜宮城に見立てた乙姫設定は アートアクアリウムにぴったりではあるのだけれど。 これなら歌舞伎俳優で見たかったところ。

大衆演劇はケータイ小説や宝塚と同じで感覚的に全くわからない。女子は基本的に好きなところだけを見てそうでないところには目を瞑れる才能があるのだろう。そんな女子の固定ファンが集まる現場だった。

ところで。ファンらしきおばちゃんが暴走。端っこで見ていたのに急に人をかき分けぶつかりながら中央へ切れ込んでいく。結構な勢いで。立派なカメラ持ってたお姉さんにぶつかってくもんだから、落としたらどうすんのそれ?で、気が済んだら端に戻っていく。いや、そのままそこにおればええやん。で終いにはなんかカメラ取り落として音するわ取ろうとして屈んだはいいがバランス崩してよろけて隣の人巻き込みかけるわ。凄いなあ。 ミサイルにでもつめて北朝鮮に送りこみたい感じ。




ポルチーニを味わう夕べ @ 代官山チェレステASO日本橋



● ポルチーニを味わう夕べ @ 代官山チェレステASO日本橋

・ひらまつ系列のイタリアン。三越新館の10Fですが窓はありません。味が良くコストパフォーマンスに優れていると思います。

今回は企画の日に来訪。@1万円。食事にあわせるワイン3グラスのセットは飲み放題になるので お得。シェフはかなり張り切ったのか気合の入ったプレゼンテーション、ただし価格も高めと気合の ゆえか、満腹感が。も少し量を減らして味も薄くして頂いてもよろしいかと。株主優待も三越伊勢丹友の会も利用可。


Peter@ザ・ペニンシュラ東京



Peter @ザ・ペニンシュラ東京 

エアラインのマイルは飛行機乗るのに使うのがベスト、なのが家人が飛行機に乗りたがらないのでどうするか、と考えたところレストラン交換コースがあったので利用してみた。

久々のピーター。入るなり紫色。照明自体は暗め。加えてBGMもかかっており、うるさい。でもそのためか、ジジイ率は低め。モスキート音の逆か。雰囲気としては、バブリーな感じではダズル。うるささ考えたらハインツベックの下のセンシ。近場ではアポロかもしれないがあそこは狭っ苦しいのに対してここは開放感があるので雰囲気は悪くない。

ただし場内が暗いこともあり、サービス対応はいま一つ。まぁそのへんは諦めるところか。しかし味は美味い。だからこそ勿体無いとも言えるが。素材をいじりすぎずストレートな味つけ。うん、これは、いいかも。そしてパンも美味しい。

ドリンクは当然別注文だったのだが、ペニンシュラ提携カードを作っていたので25%割引が適用された。おお、これはいいかも。


野菜カクテルパーティーin 銀座一丁目

野菜カクテルパーティーin 銀座一丁目
8月31日は野菜の日だということで。
JAグループ生産者が育てた美味しくて新鮮な野菜。それを大胆にもカクテルにして提供します。キュウリ、トマト、ミョウガ、セロリ、ゴーヤ・・・。栄養満点の野菜を美味しいカクテルにしてくれるのは、日本と世界のカクテルコンテストで優勝した『BAR保志』と自然派レストランbistroBARNYARD。計30種類のカクテルが皆様をお待ちしております!
1,000円、という価格だったので過剰な期待はしていなかったのだが、 なかなか立派なイベントだった。 ウェルカムドリンクとカクテル2杯、 おつまみも用意。 コストパフォーマンス的には素晴らしい。

そもそもチケット購入からしてスムーズ。 Peatix での会員登録と購入を要求されたが、 登録も購入もアプリダウンロードもチケット表示もスムーズでノンストレス。

まぁでも家人は運営スタッフに不満があったようですが。そんななか、 常に笑顔だった保志さんはさすがというのも家人の弁でした。


ナイトズーラシア


ナイトズーラシア

日曜でたぶん終わってしまった企画ですが、普段は16時で入場終了、16時30分で閉園となる よこはま動物園ズーラシア が19時入場終了、20時30分閉園と夜まで営業。

行動展示をしている動物園だけあって夜行性の動物を見られる良い機会に。まぁ普段から展示されている動物にとっては残業で、なのでみんな、あれ?なんで部屋に戻れないんだろう?仕事おわりましたよ〜チェックイン時間だと思うんですけど〜みたいな切ない鳴き声や行動があちこちに・・・。

いやしかし、結構なお客さんの数で、ファミリーも多いけど可愛いお姉さん連れてのデートも多い。よくわかっていらっしゃる。まぁ虫除け対策は必要なのであんまり肌露出しないほうが良いと思いますが。ビール飲みながら園内めぐるのは最高そうだ。いや、残念ながら座って飲んでただけですけど、パークはトイレがあちこちにあって、野外施設のわりには綺麗で、これはなかなかよい動物園だなと思いました。

なんか屋台出ていて、行列してましたが、その先にある料理はいまいちというのはディズニーリゾートチックで、これは運営側が味を見たり提供アイテムを指導したりする必要はありそう。というかディズニーでさえ美味くもないメシ屋ばかりという時点で、イベント業界はほんと進歩進展しないなぁと客としては暗澹たる思いにかられるわけですが、当事者の方々はどう考えているんでしょうかね。まぁ長く業界にいる人なんていないからこういう事態になっているのかな。あと、ビアガーデンって書いてあるからどんなものかと期待したら、そんなものは全くなかったという。おとなを期待させて落とすのはやめて欲しかった。

いやでも、いい施設です。是非きちんと儲けてほしい。大人800円って入場料自体が間違っていると思う。せめて大人1000円子供800円にして無料なし、かわりに横浜市民割引や神奈川県民割引作ればいいと思う。団体割引とかいらないよ。


| 1/3PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM