私と映画

・このサイトは漫画レビューブログで、脱線ネタはほぼ音楽ライブ鑑賞記、一部旅行宿泊記というところで映画の話は殆ど出てこない。なぜなら、私が映画を見るのは年に1本あるかないか程度だからである。

・ちなみに、ここ何年は、という注釈が入る。大学時代は映画館でアルバイトし、就職も興行会社で、転職後もしばらくは映画に関わる仕事だったので、スクリーンで年100本は普通に見ていて多い年は300本を数えることもあった(が当時付き合っていた人はそれ以上見ていたという)。仕事としてだけでなく純粋に映画好きだったはず、なのに、いつの間にか見なくなってしまった。

・映画がつまらなくなったから、というわけではない。探せばいい映画は今もある。かつて見ていた頃と変わらない。見てしまえば面白い映画も多いのだろう。見に行くところまでたどり着かなくなった、というのが正しい。なんか面倒くさい。その一方でもっと面倒なはずの音楽ライブには行っている。その違いはなにか。

・突き詰めて考えるに、音楽ライブは日時の選択肢が少なく、そして向こうは生身のアーティストが出てくる分特別感がある。映画の場合、日時の選択肢が多い。その分、選ぶという行為が必要になる。しかも相手は単なる複製、コピーだ。生ものでないのに、なぜ時間を合わせなければいけないのか?

・という思いはまぁ、元々あった。開映時刻にあわせて映画館に行って2時間、行き帰りで1時間から2時間、そんな時間を割いてまで見るものなのか。だったら、昔はビデオ、今ならダウンロードやストリーミングで見ればいいじゃない、という解はある。いやしかし、大きなスクリーンで見たいのだ。そもそもそれが映画である。家で見る映画は映画ではない。というか家で2時間もじっと映画を見ていたくなどない。

・とはいえ昔と今で変わったことはなにか?そこに真の問題があるのでは、と思ってみると、違いが見つかった。それは、シネコン主流というかシネコンしかほぼない時代に変わったことである。同じシネコンを利用し続けるならポイントもたまるし便利。でもその分、映画館が集約されてしまった。場所の問題はまぁ良い。重要なのは、タイムテーブルが変わってしまったということである。

・昔はたいていの映画は一日中やっていた。シネコンになりタイムテーブルは複雑になった。人気の番組は前の回が終わる前に組まれることもあるが、逆に見たい時間に見たい映画がない、ということも増えた。ふと行けば何かしら映画をやっている、というのはそうなのだが、行ったところで見たい映画は一切やっていない、ということもある。事前にしっかり調べて行く必要がある。そして今は予約が普通。とはいえ、音楽ライブと違って何ヶ月も前に予定を決めるものではない。数日前がせいぜいである。まぁ当日行く前にネット見て番組決めて予約すればいいというだけなのだけれど。それが自分には嵌らなかった。

・なんだかんだ言いつつ、新作を見たいという思いがなくなったということなのだろう。実は漫画でも小説でも音楽でもそうした感じになることがあるのだが、それらは読んだり聴いたりしやすいのですぐに戻ってくることができる。映画館で映画を見る、という行為は割とハードルが高いので、縁遠くなりやすいのだな、と。まぁ音楽ライブ観賞というのも同じで、行く気力がなくなったらばたっと止まると思いますが。こちらは今のところ年50本を目標に足を運んでおります。


私と音楽

マンガブログなのに音楽ライブネタ混ざってるよ・・・みたいな感じになっているこのサイトですが。ブログ主はもともとマンガより音楽ベースで育ってきております。ラジオで育ったので音楽はずっと身近にありました。FMよりAM。例えば「サウンドストリート」よりも「サーフ&スノー」派。松宮一彦さん・・・。

小中学生の頃はラジオで10を超える数の音楽ランキング番組があり、それをチェックしてノートに書き写すというチャートマニア。ちなみにくじ運良いほうで「不二家歌謡ベストテン」でランクインした20枚のシングルをプレゼントするという企画に当たったことも。

「決定!全日本歌謡選抜」という番組ではTOP50が発表され、そのうち50位から11位まではタイトルとアーティスト名が読み上げられるだけなのだが、それをリアルタイムでメモして、10位の楽曲がかかっているあいだにリストを全部仕上げるということをしていた。まぁ前週のランクイン曲が殆どであるし、初登場は新譜をチェックできていれば良いので、オタクには簡単。え?当たり前にできるじゃん?ですが、そうでない人には驚愕の風景だったのかも。

上位の曲は出だしを聴いて、あああれね、とノートに書き始めるわけで、つまりはイントロクイズが自然と得意になる。ということで『クイズ ドレミファドン!』に回答者として出たことがある。

ラジオエアチェックの習慣はしかし中学3年生の秋に受験を前にして終了。私の洋楽の知識はここまで。ずっと続けてたら違う人生があったのかもねぇ。以降は高校3年の頃にアイドル中心に聞き始めるが洋楽まで手が回らず。

大学ではカレッジチャートの団体というのが当時いくつかあって、そのうちの一つに出入りしていた。そこではFM番組の制作もしていて、まぁオトナが裏にはいるわけだが、商業電波でDJをしたり番組の台本から取材、構成をしたりもしました。

音楽のおかげで、社会人になる前にテレビもラジオも出たことがある、という体験をさせてもらった。おかげで、いやあ番組作り時間かかって面倒臭いし大変だわ、と実感できたのは良かったと思う。

大学時代からはいわゆるJ−POP系の新譜を毎週水曜、HMVで買う、ということを続けた。音楽おしゃれ系の方々は中古屋でレコードというかCD漁るという感じだったろうが、私の場合は、新譜を発売日に買うので、自分のほうが業界に貢献していた自負はあります。サンプルもらっている業界人とは違うという自負もあり。

それで年間100万円はCDに投じていたのだから正直褒めてほしいが、誰も褒めてはくれないわけでして、結局大口購入者サービスなどもなかったので、後にはその金はマンガに使うことになったというオチ。

最近はまた若干買うようにしてますが、ライブ映像円盤買うことが多め。円盤・音源派だったのが今ではライブ主体派に。これは、ライブアクトの上手いアーティストを見つけた・最近はほんとライブアクトが上手いアーティストが増えた、ということがある。いや、何十年も前は、みんな、下手くそだったのよ・・・演奏だけうまいけど盛り上がらないとか、演奏もへたとかさ・・・。ちなみに、ステージングのレベルアップは、アイドルのおかげだと思う。バンドマンやアーティストの才能は所詮限界があるので・・・。

ちなみに音楽ブログやっていないのは、音楽理論知らないし評価も表現もしようがないので分からないから。個人的にはその瞬間瞬間での消えものを、ストーリーラインやエッセンスつかんで評価していくほうが得意なようなので、音楽ライブや舞台演劇の評価が向いているのだと思っている。後で繰り返し追体験できるものは緻密に深掘りできる人向き。なのでマンガは向かないが、それでもストーリーがあるのでまだ自分向き。詩歌は解さないので音楽批評は一番不向き。なのでライブは、展開というストーリーラインについて語る感じになる。いや、CDや配信レビューしたほうが、アフィリエイトのお金稼ぎにはなるんだけどね。それをやらないのは、、買ってすぐには聴かないことが多いから、ですね・・・。マンガも、こんなの書くまえに読んでレビュー上げろって話ですが。


私と漫画

今回は、このブログと関係の深いマンガについて。

原初体験は、「ドラえもん」なんだろうなあ。たぶん。『コロコロコミック』か小学館の学年誌か。我が家はテレビは制限されてたけど漫画は本と一緒で制限されず奨励って家庭だった。

小学生のときに『ジャンプ』など読みつつも、好きなのは「キャッツ・アイ」と「ウイングマン」という具合で、ジャンプ王道系はずっと興味なし。「キャプテン翼」「北斗の拳」「聖闘士星矢」「ドラゴンボール」「魁!!男塾」などはほぼ読んでいない。

で、私は経験ないのだけれど家族が入院していた時期があり、そのときのお見舞いの横流しで、漫画単行本を色々読んだ記憶あり。それが四コマもので、「サザエさん」に「いじわるばあさん」の長谷川町子もの、あとは「かりあげクン」「フリテンくん」だのの植田まさしもので、いしいひさいち作品もあったのかな、そういうのが結構原体験である。私の中の4コマの提携は植田まさしさんで出来上がっているので、後に萌え4コマと出会って、それは手抜きしすぎだろう、とキレることになる。

中学生の頃は、『マガジン』『サンデー』『モーニング』『ビックコミックオリジナル』が定期購読誌になって、父親と購入分担してたような。なので私はサンデー育ち。高橋留美子さんではなくてあだち充さん派。あだち充ものは全部買ってた。高橋留美子ものを読んだのは後日になる。

単行本は過去作買うのに色々と手を出して、池袋西武のブックセンターは在庫あって面白かった。地元でもできる本屋さん多かったが、在庫への課税問題に加えて消費税導入をきっかけに、旧作扱う近隣書店がほぼ消滅。消費税導入以後は、本でもなんでも、見かけたときに買え、が真理となった。70年代80年代の漫画を後追いで読んでいるのが今のベースになっているのかも。漫画研究の本なんかもじっくり読んでた。『コミックボックス』とか『ぱふ』とかも『本の雑誌』と並行して買っていた。

あと、女きょうだいがいる関係で、『りぼん』と『マーガレット』は読んでいた。谷川史子さんはデビュー当時から好きで単行本ずっと買っている。『花とゆめ』や『ララ』まで行ったけど一ツ橋系だけ読んでたので音羽系の少女漫画はよく知らない。だから二ノ宮知子さんの漫画読んだのはだいぶ遅くになってからだった。

とまあ、こんな下地があり、でもある時期に買ってた単行本がどんどん終わっていって、なんか新しい漫画開拓しないとなあ、面白いのなんかないかなあ、と考えたときに、このブログの企画を思いついた次第。

まず、それまでCDをいろいろ手当たり次第リリース日に買ってたのを、レコード店が続々閉店したことでもういいかなと思いはじめ、それと同じことを漫画でやればいいんじゃない?と。リリース情報みると一巻表示あるのは月間30冊程度だったので、金銭的にはCD年間100万円以上買ってた者には置き換えたらお釣りくるし、一日一冊ペースなら読めるでしょ。なんならブログで紹介すればいいし、そういえばアフィリエイトでぼちぼち収入が出てきたのでそれもあわよくば期待できるかも?と試運転開始。

自分の生活のなかでできそうだったので、半年経ってから、その過去記事とともに新ブログ立ち上げお引越し、お役立ちとして他の漫画系著名サイトさんに勝手にリンクしてたらアクセスたどって、なんかこんなブログあるよと紹介してくださり、今に至る、という感じ。うちは泡沫傍系の没交渉サイトなので他のサイトさんや業界関係者さんとの交流はほぼないので、発展性はなにもなし。このブログで食ってるわけでも名刺がわりに何かしているわけでもないので、まあ、そうなる。

出た新作全部買って読む、ってコンセプトなので、そんなのいつまで続くよ、お手並み拝見、的なコメントもあり、ただそれは自分でも思いつつ、とりあえず半年できたのでいけるんじゃね?的な思いだったので、まあ見てなさいよというのと、あんまりガチガチに考えてなかったのがいいのかなーと。全部読めなくて当たり前、というくらい発売作品数が想定より増えていったので。しばらくは新刊は意地で全部買ってたけれど、最近は、これは読まないな、ってのは買うのも後回しにしてます、さすがに。

あと、企画増やさなかったのが続いた理由かも。一巻淡々とレビューするだけで、あとは月間オススメは省エネで作り、年間だけはまあ時間かけるが大晦日なので暇はある。新刊紹介は自分の備忘録なのだけれどレビューできない時期はこれで更新稼ぐ。

まじめにレビューしたり、あるいは面白い記事書こうと思えば多分できるんだけど、そうなると自分の能力だと週一記事が限界。そういう方向もあるんだろうけど、それでずっと続けられるとも思えなかったので、まあこういうスタイルになりました、と。

こんなブログ長くやってると、漫画読むのもレビューするのも半ば義務のように思っちゃう瞬間あるけど、いや、漫画は面白いから読むんだし、レビューは強制されてるわけでもないし、ゆるゆるとやってけばいいんじゃないかなと。

私にとって漫画は、いつもそこにあるもの、空気のようなものですが、美味しい空気ですかね。なのでこれからもずっとあることを願いつつ、そのお手伝いになればと。ただ、好きな漫画を応援したいだけなので、興味のない漫画については正直どうでもよかったりはします。その辺は業界人ではないので冷たいです、はい。

なお。漫画かマンガか、みたいな表記の話がたまーにありますが、個人的には、別になんでもいいんじやね?派。このサイトがマンガ表記なのは、全部漢字よりはバランスいいかな、ということで決めたので、意味的なことは全然考慮してなかった。平仮名のまんが?あんまり使ったことないな・・・


私とエビ中

・エビ中は常に今がいちばん面白そうな感じがする。



私とマンガ、といったことを書こうと思って作ったカテゴリなのだが、日にちを考えたらこちらをまず書く日だな、ということで。

何かを好きになったりハマったりするのに時間のかかるクチなのですが、2018年になってようやっとエビ中ファミリーになった。今日6月12日に記事をあげる理由は、推しが 小林さん なので。ファミリーの中でも、ぽーの一族である。

私立恵比寿中学 の名前はちょいちょい見つつ、とはいえももクロのライブ見たのも2013年と遅めなのでエビ中はそのあと、しかも単独ライブではない形で何度か。だから9人体制は間に合ってないのかも。確かな記憶は2014年の氣志團万博で、かほりこも入った8人のはずだけれど、クセの強いスケ番ルックスで、全てにおいてピンと来なかった印象がある。

私がかつてのようにCD買いあさっていた頃なら、確実に円盤からファンになっていたはず。でもそれでライブまで足運んでたら 瑞季さん 杏野さん 鈴木さん 推しになって9人体制ピークに熱冷めてたかな、どうだろう。

何度かアプローチしつつ、でもちと違う、と思っているなか2017年になり、評判きいてアルバム『エビクラシー』を買い、これは確かに名盤だと気に入り、そしてある種のアイコンだった 廣田さん の脱退というか転校のアナウンスを受け、最終公演はとれないんだろうなと秋ツアー郊外に参戦。でも、うーん、という印象だった。

フジテレビnextでぁぃぁぃラストと6人最初の武道館公演を放送するというのでチェック。しかしその内容のすかすかさ加減に不完全燃焼で円盤購入を決意。で、ライブのブルーレイ(「私立恵比寿中学 大学芸会2018 in 日本武道館」)みたら、

え?こんなにいいの?

と。過去のライブ映像を買いまくる。大学芸会の円盤を見ていたら、かなり早い段階でファミリーになっていたかも…逆にいえば、ふだんの学芸会やフェスでのパフォーマンスがぬるいというか…最初に「EVERYTHING POINT」を見てしまったような、不幸な入り方だったのかもしれない。

ハマるきっかけはもう一つあって、もともと好きだった シベリア少女鉄道 の舞台を久々に見に行った際に 安本さん が出演していた。そこから、 シアターシュリンプ の公演ブルーレイを買ってみた。これが面白かったのだ。第一弾(「シアターシュリンプ☆第一回公演「エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート」」)が特に。

こうして、ようやく ブラックタイガー に入隊。ことこどく回り道したが、エビ中は常に今がいちばん面白そうな感じなので、いつでも遅いということはないのかもしれない。


これからの方にオススメは、新曲 「でかどんでん」の、響ブルーレイつきバージョン→でかどんでん(初回生産限定盤B)(Blu-ray Disc付)。円盤はメンバー6人のソロ「響」がショートバージョンながら納められており、椎名林檎のカバー「自由へ道連れ」新規に勧めたい。


個性の一端を見るという面では、8人体制時の作品になっちゃうけど、シアターシュリンプ公演。コント好きなら楽しめるはず。お値段さほど高くないので是非。→シアターシュリンプ☆第一回公演「エクストラショットノンホイップキャラメルプディングマキアート」 [Blu-ray]


武道館ライブは二枚組。7人と6人の公演を見比べると、運営のハートの強さを実感。まあお高いですが。→私立恵比寿中学 大学芸会2018 in 日本武道館 [Blu-ray]


マニアックなのは「EVERYTHING POINT 5」あんまりこのシリーズは関心しない作りなのだけれど、第5弾には2017年7/16フォーラム、ツアー最終日の公演が収録されている。通常のツアー公演のパッケージは珍しいのと、 柏木さん は結膜炎だかでメガネっ子状態、それとまあ確実に泣く代物なので、ある程度知識つけてから見るものかな。

財力ある新規は、最初から順を追って映像円盤見てくと良いかも。


私とももクロ

・ももいろクローバーZのライブを見られることは、同時代に生きる者として幸せなことである。



MOMOIRO CLOVER Z BEST ALBUM 「桃も十、番茶も出花」<初回限定 –モノノフパック->

漫画レビューブログなのに漫画以外の記事が多くなっているのは、正直漫画を読む時間がないから、である。電子書籍にしているのだけれど、タブレットを持ち歩かないのと、スマートフォンじゃやっぱり読む気がしない。それで更新が空くくらいならまぁ他のブログ畳んだので書く場所もないことを書こうかと。漫画レビューは漫画読まないと書けないからね・・・当たり前なんだがうちのブログはよその感想とかあらすじを読んだりしないで本編読んで内容整理して感想書くので時間喰うのよね。ということで。このブログをやっている者がどういうものなのか、を記しておくカテゴリ「私と○○」を作ってみることにした。いやこれ書くなら漫画読めよ、って言われそうだが、漫画読めないけど文は書き溜められるって時間でやっているのでして・・・。

(そもそも)ももクロを認識したのは「ミライボウル」のときで、何だこの変な曲は!と思ったが、PVの仕上がりがあんまり好みでなかったので、まぁアイドルね、ということでその後も放置していた。メジャー契約時に体重公開して仮契約、みたいなネタを、下品だな、と思った覚えがあるがそれがももクロの話だったと気づいたのは遥かに時が経過してからだった。

(きっかけ)連れがどういうわけかCD屋で1stアルバムを買い、盛り上がって2ndも手に入れて、カラオケでもももクロばかり歌う、という状況になり、ライブに行きたい、というところまで来たので、じゃあファンクラブに入りますか、と家人が入会してチケット取れて一緒に観に行ったのが、2013年8月夏のバカ騒ぎ@日産スタジアム。

(感動した!)単独ライブで4時間もやるなんて知らなかったので、正直びっくりした。そして、こんなパワフルなパフォーマンスなんだ、いや、アイドルのスタジアムライブなんて初めて見たけどこんな凄いんだ。そりゃジャニーズのファンの気持ちもわかるわ!あと、生歌も結構聴けるぞ、と。しかも布袋寅泰さん登場!あれ、コーラスいづみちゃんじゃん!(加藤いづみさんはデビュー時からCD買ってた)バンマス武部聡志さんなんだ!(私は斉藤由貴さんの大ファン)松崎しげるさん!「愛のメモリー」歌って告知してくんだ! こんなのいつもやってるのか、そりゃ凄いなぁと。いろいろなものが組み込まれており、寄席を観に行った気分でもあり。これなら次のライブも見たい、となったのだった。

(その後は)冬の軽井沢や西武ドームはパスしつつ、ドームツアーは名古屋へ、ファンクラブイベントで福岡へ、他に静岡エコパや東近江や高崎など遠征も、アニメ紅白や氣志團万博、ガールズファクトリーや、KissにLADY GAGAもももクロ目当てで出張。ライブ目当てで旅行に行く、というのは度々やってもいたが、アイドルツーリズムというかライブツーリズムの機会はももクロちゃんのおかげでずいぶん増えた。それほど、ももクロのライブが面白かった、ということである。

(振り返ると)ステージパフォーマンスも出来上がってから観に行っているので、良いところだけ見ている感じ。昔の円盤見ると、よみうりランドの極楽門サマーダイブや5TH DIMENSIONツアーは見たかったなと思いつつ、この時期から追いかけるってのはなかなかだな、と。その頃を好きだったら今好きでいられるのかな、と思わなくもない。

見た中で素晴らしかったのは、2014年3月国立競技場・2017年4月富士見市・2018年4月東近江市の春の一大事、2016年2月〜4月ドームトレック(アルバム発売ツアー)とあるが、白眉はやはり2017年12月ももクリ。さいたまスーパーアリーナ落選だったので大阪城ホールだけ行ったが、これは、絶品だった。たぶん、構成の問題。本人のパフォーマンスどうこうの領域では最早ないので。この5人時代の最高のパフォーマンスを超えるものをできるかどうかが、当面の目標でしょうか。課題は、どうやったら超えるのか。4人だけでなんとかしようと思わなくていいと思うのだけれど、その辺をどう考えるか、かな。

とりあえず、5人のももクロのライブは、同時代人として見ておく価値のあるものであったと思う。4人のライブもそう言われるものになることをファンとしては望む。4人になって可動域は確実に狭くなったけれども、狭くなることは質を高める方向が定まることでもあるので、寧ろアップグレードは容易な面もある。5人とは異質な、異次元の高みを目指してほしい。




| 1/1PAGES |

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM